溶連菌を大人が治す方法

大人もかかる溶連菌とは?

溶連菌とは、別名「化膿レンサ球菌」と呼ばれていて、
溶連菌感染症の原因となる病原菌のことです。

 

 

 

症状としては喉の痛みをメインに、40度近い高熱、
発疹、嘔吐などの症状が表れてきます。

 

 

 

まとめると溶連菌に感染したら、
以下のような症状が出てきます。

 

 

 

  • 咽頭痛(いんとうつう)
  • 扁桃炎(へんとうえん)
  • いちご舌
  • 猩紅熱
  • 発熱
  • 発疹
  • 嘔吐
  • 微熱
  • 腹痛

 

 

 

などなど、様々な症状が出始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、以下のような病気を併発することもあります。
溶連菌経由でしか起こらない病気というわけではありませんが、
溶連菌感染症が悪化すると、ひどい場合は併発するということです。

 

 

 

こればかりは個人差がありますし、併発しない人は
溶連菌感染症のみで済みます。

 

 

 

  • 化膿性リンパ節炎
  • 化膿性関節炎
  • 骨髄炎
  • 結膜炎

 

 

 

こうした感染症の原因にもなります。

 

 

 

 

とにかく、大人子供にかかわらず、
重症化したら合併症を引き起こしやすいのが、
連菌感染症の特徴です。

 

 

 

溶連菌が直接起こす病気とは?

 

 

 

溶連菌自体は飛沫感染で体内に入ってくることも多いため、
しっかり対策をとっていなかったら知らずのうちに、
大人でも他人からもらい受けている場合もあります。

 

 

 

また、溶連菌は感染すると喉の痛みにつながることで知られる
病原菌ですが、溶連菌感染症という名は、あくまで総称的なものです。

 

 

 

溶連菌は喉の痛みも含めて、
以下のような病気を引き起こします。

 

 

 

  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 猩紅熱
  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 伝染性膿痂疹
  • 蜂窩織炎
  • 丹毒
  • 肺炎
  • 菌血症
  • トキシックショック症候群

 

 

 

溶連菌は大人にも感染する?!

 

 

 

この溶連菌は子供のみならず、
大人の方でも男女構わず感染することがあり、
死ぬほど痛い喉の痛みのもととなります。

 

 

 

大人の場合も変わらず、
症状が出始めてきます。

 

 

 

 

 

(いちご舌の写真です。)
 

 

(咽頭炎の画像です。)
 

 

(扁桃炎の画像です。白い部分は膿栓です。)

 

 

 

主に感染しやすく症状が出やすいのは冬場の12月〜3月にかけてです。
春や夏場にかけても皮膚などの表面的な部分から、
アトピーや発疹などの症状をきたすことがあります。

 

 

 

子供と違って大人だから抵抗力もついているし、
ちょっとくらい喉が痛くても大丈夫と油断するのはやめておきましょう。

 

 

 

体力が落ちたり、疲労がたまるなどして体の免疫力が下がると、
大人でも溶連菌に普通に感染します。

 

 

 

潜伏期間はどれくらい?

 

 

 

溶連菌感染症には様々なタイプがありますが、
一般的な溶連菌であれば潜伏期間は2日〜5日です。
長くても1週間くらいですね。

 

 

 

当サイト管理人である私の場合は、大体治り切るまでに
6日ほどかかりました。

 

 

 

当時はまだ学生だったんで良かったですけど、
20歳過ぎていてこの病気にかかったんでまさか発症するとは
思いもしませんでした。

 

 

 

これがもし社会人だったら、仕事を6日も休んでいる状態になりますから、
仕事もたまりにたまりますし、会社の人にも迷惑がかかります。

 

 

 

会社を感染症で1週間も休むなんて、想像するだけでも
会社の人から白い目で見られそうですから、
マジで学生の時に経験しといてよかった・・・( ̄▽ ̄;)

 

 

 

溶連菌感染症には4つのタイプがある?

 

 

 

また、溶連菌感染症には、
以下のように主に4タイプにわけられています。

 

 

 

  • B群溶連菌感染症
  • A群溶連菌感染症
  • C群溶連菌感染症
  • G群溶連菌感染症

 

 

 

1つずつ順番に解説します。

 

 

 

B群溶連菌感染症

 

 

 

B群溶連菌感染症の原因となるB群溶連菌は、
主に腸管・生殖器・下部尿路などにいる常在菌で、

 

 

 

全体の約3割の妊婦の方が持っていると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

妊婦の体自体に影響を与える感染症にはなることは少ないですが、
新生児には重度の肺炎、髄膜炎、敗血症を引き起こすことがあり、
赤ちゃんの命にも関わる危険な感染症です。

 

 

 

A群溶連菌感染症

 

 

 

日本でよく言われる溶連菌は、
主にこのA群溶連菌感染症の原因となるA群溶連菌のことです。

 

 

 

B群溶連菌とは違い、小児の咽頭扁桃炎や、
皮膚蜂窩織炎(ひふほうかしきえん)などの原因として知られています。

 

 

 

また、別名「人喰いバクテリア」の異名を持ち、
劇症性溶連菌感染症の原因にもなります。

 

 

 

人間の組織を、体内から食べていき、
ぐちゃぐちゃにしてしまうのです。

 

 

 

C群溶連菌感染症

 

 

 

C群溶連菌感染症になる方は希ですが、
大人の方が発症しても重篤な症状になりやすいタイプです。

 

 

 

ショック症状やMOFなどの深刻な全身感染症に
陥る危険があるタイプです。

 

 

 

A群溶連菌感染症とは違い、
肝硬変や糖尿病、ステロイド投与などの経験のある
人に起こりやすいとされています。

 

 

 

発症年齢は基本的に22歳〜63歳と幅広いですが、
内訳で言うと中年期が多いです。

 

 

 

G群溶連菌感染症

 

 

 

G群溶連菌感染症とは、疼痛と発熱とともに、壊死性筋膜炎と
合併するタイプの溶連菌感染症です。

 

 

 

高齢の発症率が高く、死亡率も他のタイプの溶連菌感染症と比べて、
非常に高いですね。

 

 

 

外で溶連菌に感染するケースとは?

 

 

 

溶連菌感染症は、飛沫感染なので、口から口へうつってしまうことが
非常に多い病気です。

 

 

 

特に気をつけたいのは周りに人が大勢いるとき!
例えば以下のようなシチュエーションは要注意です!

 

 

 

  • 満員電車の中。
  • 会社の中。
  • 学校の教室の中。
  • 空気が悪く人ごみが多い中。
  • 恋人とキスするとき。

 

 

 

恋人とキスするときは、できれば事前に
体調を知っておくべきですね。

 

 

 

人ごみに身を置く場合は、
唯一自分の身を守れる方法は、
マスクの着用です。

 

 

 

特に、社会人になって会社を休めないような方は、
周りの人にうつされないよう予防策を取ることが大事です。

 

 

 

よくよく考えて欲しいのですが、
満員電車の中で溶連菌感染者が一人でもいると、
集団感染という恐ろしい光景が浮かんできます。

 

 

 

一人がうつったら、また隣の次の人へ・・・。
外で大人が溶連菌に感染するケースとは、
集団の中に身を置くときなのです。

 

 

 

外で溶連菌の感染をどうやって防げばいいのか?

 

 

 

溶連菌の感染度については、子供がかかると、
ひどい場合は学校が学級閉鎖に追い込まれるくらい感染しやすいです。

 

 

 

飛沫感染がメインです。
なんの警戒心もない子供にとっては、
まさに恐ろしい病気と言えるでしょう。

 

 

 

季節的には12月〜3月あたりで流行ることが多いので、
その時期には周りに熱や嘔吐、腹痛を訴える人が増えたら
しっかりとマスクをするなど対策を取ることが大事になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、家族内でも発症する人が出てきたら、
すぐにマスクをつけるなどの対処を取る必要があります。
可能であれば手をこまめに消毒するなどもやりましょう。

 

 

 

周りにせきを頻発する人が出始めたら注意です!
そういう人とは、なるべく距離をとって行動すること。
もちろん、手洗いうがいは忘れずに!

 

 

 

家族間で感染しないための注意点!

 

 

 

外も確かに、溶連菌感染症にかかる危険はいっぱいありますが、
家の中が意外と感染する可能性が高いです。

 

 

 

なぜ家の中で移りやすいのかというと、
家族の誰かが外で溶連菌をもらってきている可能性があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

特に以下の場面は要注意!

 

 

 

  • 食事
  • 食器に触れるとき
  • 話すとき

 

 

 

とにかく、溶連菌は飛沫感染がメインなので、
人と話をするときや、食事の時など、口に
関係する場面では注意してください。

 

 

 

もちろん、常に注意していたら疲れるんで、
普段はそこまで気を使わなくてもいいですが、

 

 

 

咳をしていたりくしゃみをしていたり、他の症状を
訴え始めている人がいたら、要注意!

 

 

 

特にリビングで一家談笑の時間では、溶連菌を
飛沫感染でもらう可能性が非常に高いです。

 

 

 

溶連菌感染症を治療するには?

 

 

 

溶連菌感染症にかかった場合は、大人の場合なら特に、
ペニシリンやセフェム系薬剤、抗生物質もしくは、
抗菌薬などの薬を投与してもらうことで治癒することが多いです。

 

 

 

大人であれば、1週間から10日くらい飲み続けて、
菌を殺すなどの対処が必要になります。

 

 

 

ただし、人によっては副作用でお腹を壊して下痢になったりしますので、
もしひどいようであれば、一度医者に相談してみるのも手です。

 

 

 

  • 抗生物質
  • 抗菌薬

 

 

 

ただし、妊婦の場合は中の赤ちゃんの影響も考えて、
医師と要相談で薬の投与を決めなくてはいけません。

 

 

 

死ぬほど辛い喉の痛みも伴いますので、セルフケアで、
イソジンやトローチ、うがい薬を使った方法も効果的です。

 

 

 

  • イソジン
  • トローチ
  • のど飴
  • イソジン以外のうがい薬

 

 

 

また、予防に関しては飛沫感染がメインなので、
溶連菌感染症の季節になって周りにそれっぽい人が出てき始めたら,
マスク着用と手洗いとうがいを怠らないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

溶連菌感染症で合併して発症した病気に関しては、
溶連菌感染症の治療と並行して、別で治療を行っていく必要がある場合もあります。

 

 

 

それについては、当サイトの各記事にて解説していきたいと思います。

 

 

 

大人が溶連菌の治療と予防を並行してやるには?

 

 

 

大人が溶連菌の治療と予防を並行してやっていくには、
薬の治療だけでは足りません。

 

 

 

先程もお話しましたが、
大人が溶連菌にかかってしまうのは、
免疫力が低下しているからです。

 

 

 

免疫力が低下すると、溶連菌はもちろんのこと、
インフルや風邪などほかの病気にもかかりやすくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

逆に免疫力を高めることができれば、
大人の方でも自然と体が溶連菌にかからなくなり、
防いでくれるようになります。

 

 

 

しかし、ここまでたどり着くには免疫力が下がっているときはどういう時か、
免疫力を上げるにはどうすればいいのかを知らなくてはいけません。

 

 

 

免疫力の向上は、大人だけでなく子供の段階で行うのもOK!
大人と一緒に子供もやると、溶連菌感染症の予防になっていいと思います。

 

 

 

以下の記事では、溶連菌に対抗するための免疫力をどう上げて、
どういった時に免疫力が下がっているとわかるのかを解説しています。

 

 

 

溶連菌にかかりやすくなる免疫力低下の4段階のサイン!

 

 

 

溶連菌と大人の免疫力との関連性

 

 

 

溶連菌感染を予防する免疫力向上のための4つの習慣 

 

 

 

念のため尿検査も忘れずに!

 

 

 

一応溶連菌は潜伏期間が2日〜5日くらいといわれていますが、
症状が大幅に改善してからも、一度は尿検査を行ってください。

 

 

 

発病から2週間と3〜4週間後に尿検査をして、尿に異常がなかったら
そのまま大人の方なら会社へ、子供なら学校へ行ってもOKです。

 

 

 

尿検査は、できれば専門医に頼んでやってもらったほうが、
より精密な検査と、アドバイスを受けることができます。

 

スポンサードリンク


 
B群溶連菌感染症の解決策 A群溶連菌感染症の治療法 溶連菌を防ぐうがいと手洗い 大人の溶連菌治療薬まとめ