溶連菌と扁桃炎

スポンサードリンク

溶連菌の合併症「扁桃炎」

溶連菌の合併症の中でも代表的なものが「扁桃炎」で、口の中に膿や腫れを引き起こし、
激しい痛みと発熱を伴います。

 

 

 

「扁桃炎」と「咽頭炎」がごちゃごちゃになりやすいですが、ぜんぜん違いますし、
「扁桃炎」一つをとってもただ口の中が痛くなるという認識だけでは非常に危険な病気であることも
認識しておかなくてはいけません。

 

 

 

ただ口の中が腫れて痛くなる病気だという認識を今すぐ改めて、
正しい「扁桃炎」の知識と対策を学び、健康対策に努めましょう!

 

 

溶連菌と扁桃炎記事一覧

溶連菌感染症による『扁桃炎』ってどんな病気?

扁桃炎は一般的に風邪で起こるもので、扁桃腺が腫れたり、膿栓を形成したりなどといった症状を持ちます。溶連菌によっても引き起こされ、咽頭炎と並んで、高確率で起こる合併症の一つです。溶連菌によって扁桃炎が起こっているかどうかは、イチゴ舌や発疹などといった特徴的な他の部位での症状を参考にして診断していきます...

≫続きを読む

 

溶連菌感染による扁桃炎はどうやって治療するのか?

溶連菌に感染すると高確率でかかるのが、咽頭炎と扁桃炎による激しい喉の痛みです。咽頭炎とは喉奥の痛み、一方で扁桃炎は喉の横の壁に膿ができたり、腫れて痛みを伴うタイプの病気です。扁桃炎とよく一緒に取り上げられる、溶連菌感染による咽頭炎については以下の記事をどうぞ。咽頭炎ってどんな病気?扁桃炎の原因菌の多...

≫続きを読む

 

溶連菌による合併症『扁桃炎』の症状・潜伏期間・検査方法について

溶連菌感染症による合併症は様々ありますが、中でも知られているのは咽頭炎と扁桃炎です。この二つは溶連菌感染すると高確率で発症する疾患で、つばを飲み込むのも辛いくらいの喉の激しい痛みが特徴です。口内の少し奥の喉ちんこの横にある肉壁が扁桃腺になり、ここが腫れたり、膿みができたりすると扁桃炎になります。主な...

≫続きを読む