溶連菌と扁桃炎

スポンサードリンク

溶連菌の合併症「扁桃炎」

溶連菌の合併症の中でも代表的なものが「扁桃炎」で、口の中に膿や腫れを引き起こし、
激しい痛みと発熱を伴います。

 

 

 

「扁桃炎」と「咽頭炎」がごちゃごちゃになりやすいですが、ぜんぜん違いますし、
「扁桃炎」一つをとってもただ口の中が痛くなるという認識だけでは非常に危険な病気であることも
認識しておかなくてはいけません。

 

 

 

ただ口の中が腫れて痛くなる病気だという認識を今すぐ改めて、
正しい「扁桃炎」の知識と対策を学び、健康対策に努めましょう!

 

 

溶連菌と扁桃炎記事一覧

溶連菌感染症による『扁桃炎』ってどんな病気?

扁桃炎は一般的な風邪で起こるもので、扁桃腺が腫れたり、膿栓を形成したりなどといった症状を持ちます。溶連菌によっても引き起こされ、咽頭炎と並んで、高確率で起こる合併症の一つです。溶連菌によって扁桃炎が起こっているかどうかは、イチゴ舌や発疹などといった特徴的な他の部位での症状を参考にして診断していきます...

≫続きを読む