溶連菌とアトピー

スポンサードリンク

溶連菌で悪化するアトピー性皮膚炎とは?

アトピーと聞くと、馴染みがあって知っている方も多いと思いますが、
その症状がどういったもので、何が原因で発症するものなのか知らない方も多いと思います。

 

 

 

アトピーは道行く大人を見ても、周りの友達を見ても、
一人は発症している方がいると思いますが、実は子供や大人が溶連菌にかかると、
このアトピーが悪化する場合があります。

 

 

 

アトピーは乾燥と強いかゆみを伴う慢性の皮膚炎です。

 

 

 

多くの場合、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、
花粉症などのアレルギー性の病気を併発するものですが、
実はアトピーはアレルギー性のものではありません。

 

 

 

原因は黄色ブドウ球菌などの
異常細菌巣が原因だとする説が濃厚です。
 
 
 
 

 

 

 

まずここで言えることは、溶連菌に感染して発疹などによるかゆみが襲うことがありますが、
それが一層アトピーの症状を悪化させ、皮膚組織をボロボロにさせてしまうということ。

 

 

 

 

そして、スキンケアには除菌ケアと保湿などの
皮膚バリア修復が必要不可欠であるということです。

 

 

 

アトピーのスキンケアについては以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌で悪化したアトピーを治療するスキンケアの基本!

 

 

 

アトピーに対するスキンケアの実践の流れ 

 

 

 

アトピーは赤ちゃんの頃から大人にかけて、
いつ発症してもおかしくない病気で、
年齢によって発症しないとかそういったことはありません。

 

 

 

基本的に全年齢にかけて、
発症するリスクというものは存在します。

 

 

 

溶連菌に感染すると同時に悪化した場合は、
溶連菌感染症の治療と同時並行で地道な治療を行っていく必要があります。

 

 

 

溶連菌は激しい喉の痛みや発熱をどう抑えるかが主な課題となりますが、
アトピーの場合は皮膚バリアの維持・向上が課題となります。

 

 

 

赤ちゃんの時期からすでに発症するリスクを持っていますから、
大人になって慢性化しないよう、

 

 

 

溶連菌にかかって悪化しても、早い段階から常日頃スキンケアによる
保湿やバリア機能向上を行っておくと、後先のことを考えてもいい結果をもたらすでしょう。

 

 

 

溶連菌で悪化したアトピーはどうやって治療する?

 

 

 

溶連菌感染症によって悪化したアトピーは、
大人の方であっても我慢できないほどのかゆみが襲います。

 

 

 

基本的にまずは、そのかゆみとカサカサと崩れた皮膚の状態を治し、
清潔な皮膚環境を作り出すことが先決でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

必要な治療手段は以下の2つです。

 

 

 

  • スキンケア
  • 薬の内服。

 

 

 

アトピーの皮膚を治療するスキンケア

 

 

 

まず日常で行うスキンケアについてですが、
とにかく保湿と洗浄を心がけてください。

 

 

 

石鹸や洗浄料も弱酸性で低刺激のもの、
保湿に関してはワセリンや軟膏ローションが一般的です。

 

 

 

 

 

 

 

保湿に関しては、乾燥しやすい秋や冬の時期は、
各個人適量と回数で補うようにしましょう。

 

 

 

また、お風呂上がりには必ず保湿ケアを行うようにして、
少しでもアトピーの傷に菌が入り込んだり、乾燥したりするのを防ぐようにしてください。

 

 

 

特に、溶連菌がアトピーによる皮膚の傷の中に入ると、
重症化することがあります。

 

 

 

アトピーを治療する上でよく使用される軟膏クリームに、
『タクロリムス軟膏』があります。

 

 

 

タクロリムス軟膏について知りたい人は以下の記事にて!

 

 

 

タクロリムス軟膏で溶連菌で悪化したアトピーを治療! 

 

 

 

アトピー治療のための内服薬。

 

 

 

溶連菌の感染によってかゆみが悪化したアトピーを治療していくには、
まずそのかゆみを何とかしないといけませんので、
抗ヒスタミン剤やステロイド剤の内服が基本になります。

 

 

 

病院でないと手にできない薬も多いですが、
市販では以下のような薬が有名です。

 

 

 

  • 「ロコイド軟膏」
  • 「キュレル」
  • 「タウロミン」
  • 「尿素軟膏」
  • 「アピットジェル」

 

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

キュレルなどは重症の湿疹やアトピーで掻きむしったことによる、
皮膚の傷に使うことはできませんが、
症状が緩和したあとのケアであれば使うことができます。

 

 

 

溶連菌感染症で悪化したアトピー性皮膚炎に使用される
ステロイドについては、以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌で悪化したアトピーを治療するステロイドの使い方 

 

 

 

こうした溶連菌によって悪化したアトピーに関する治療法などは、
他の記事でも書かせていただいておりますので、参考にしてください。