柿渋うがいで溶連菌の喉の痛みを解消!

スポンサードリンク

柿渋うがいで溶連菌による喉の痛みを解消!

実は溶連菌で悪化することもあるアトピーに対する治療以外にも、
溶連菌にかかると発症する咽頭痛や扁桃炎などの、
激しい喉の痛みを解消する働きがあります。

 

 

 

実際に柿渋をキャップいっぱいだけコップに入れて、
水と混ぜてうがいをしたら、喉の痛みが改善したという話もあります。

 

 

 

私の祖母も、喉の痛みがひどい場合はイソジン以外で、
柿渋を用いたうがいを行ったりすることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

すると、その日のうちに喉の痛みがスッキリ治ったそう!

 

 

 

柿渋には豊富なポリフェノールとともに、
抗菌作用や解毒作用があります。
 
 
 
これで、喉に潜む痛みの原因となる溶連菌などの細菌を殺して、
溶連菌感染症の症状の改善に活かすことができます。

 

 

 

 

柿渋で溶連菌で悪化したアトピーが治る?!

 

 

 

 

塗料や染料に使われることが多い柿渋ですが、
今は健康面でも注目され始めており、溶連菌で悪化することもある、
アトピーなどの皮膚炎にも効くと言われています。

 

 

 

溶連菌が原因でアトピーが悪化することについて知りたい方は、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌で悪化するアトピー性皮膚炎とは?

 

 

 

大人でも溶連菌が原因でアトピーが悪化する?! 

 

 

 

実際に、柿渋が含まれる石鹸で皮膚を洗うと、
見事にアトピーの症状が改善したというケースもあります。

 

 

 

柿渋には抗菌や解毒作用以外にも、
タンパク質と結びつきやすいという特性があります。
アトピーによって傷ついた皮膚を治す力につながっているのです。
 
 
 
 

 

 

 

溶連菌感染症にかかり、かゆみが悪化したアトピーをすぐに治療は難しいですが、
少し症状が治ってきたらお風呂に入らなくても体の一部分だけに柿渋を使用して、
シャワーで洗い流すだけでも十分です。

 

 

 

最近では柿渋独特の匂いが抑えられているタイプの柿渋も販売されているため、
大人の方でまだ試したことがないという方はやってみてもいいかもしれません。

 

 

 

溶連菌で悪化しやすいアトピーのスキンケアについて知りたい方は、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌で悪化したアトピーを治療するスキンケアの基本!