B群溶連菌感染症の治し方について

スポンサードリンク

B群溶連菌感染症の解決策

B群溶連菌感染症は生まれてきたばかりの赤ちゃんに感染することが多く、
母体の産道や子宮内で感染することが多いとされています。

 

 

 

なので、新生児B群溶連菌感染症と呼ばれることもあります。

 

 

 

新生児B群溶連菌感染症の解決策としては、
以下の方法が効果的です。

 

 

 

  • ペニシリン投与
  • インスリン分泌活性化タンパク質の摂取(IAP)
  • 保菌スクリーニング

 

 

 

それでは以下より順番ずつ解説いたします。

 

 

 

ペニシリン投与でB群溶連菌感染症を治療!

 

 

 

生後間もない赤ちゃんが、B群溶連菌感染症にかかった場合、
数回のペニシリンが投与されることがあります。

 

 

 

ここは医師の判断になりますが、
再発予防のために3ヶ月間毎日ペニシリンが投与されることもあります。

 

 

 

また、ペニシリンに対するアレルギー症状については、
赤い発疹が現れることがありますが、かなりレアなケースです。

 

 

 

 

 

 

 

アナフィラキシーショックなどのような重度の症状に陥るのも、
非常に可能性としては低いです。

 

 

 

前述したアレルギー症状が起こるよりもはるかに低い確率です。

 

 

 

もしペニシリンにアレルギーがある場合は、
別の抗菌薬が投与されることになります。

 

 

 

妊婦にペニシリンの点滴による抗菌薬投与が行われた場合、
投与後2時間くらいで羊水中の抗菌薬濃度は最大に達します。

 

 

 

陣痛が始まったら分娩の2時間前には投与されているのが望ましいとされています。

 

 

 

ペニシリン系薬剤の溶連菌感染症における効果や、
副作用、扱い方などについては以下の記事を参考に。

 

 

 

良薬!溶連菌によく効く薬「ペニシリン」とは? 

 

 

 

インスリン分泌活性化タンパク質の摂取(IAP)

 

 

 

インスリン分泌活性化タンパク質もしくは別名「IAP」といいますが、

 

 

 

これによって早発型のB群溶連菌感染症を、
予防できる可能性があることが近年明らかになりました。

 

 

 

日本でもすでに2008年以降からは推奨されるようになっています。

 

 

 

保菌スクリーニングでB群溶連菌感染症を治療!

 

 

 

スクリーニングとは、迅速に行うことができる検査などで、
病気や障害がないかどうかを判断するための方法です。

 

 

 

B群溶連菌感染症の予防では、
妊婦に対しては保菌スクリーニングを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

B群溶連菌感染症は生殖器や尿道にも見られますが、
腸管から広がっていくものと考えられています。
 
 
 
スクリーニングでは膣鏡を使わずに膣入口部から会陰、
肛門にかけて綿棒で拭うのがいいとされます。

 

 

 

これは病院などで行われますので個人ではやらないように。

 

 

 

母体が何らかの理由で抗菌薬を使用している場合は、
この方法は行うべきではありませんので豆知識として覚えておきましょう。

 

 

 

以上が、B群溶連菌感染症の解決策になります。

 

 

 

B群溶連菌感染症は赤ちゃんに発症することが多く、
重篤な症状になることが多いため、病院で治療を行うケースがほとんどです。

 

 

 

ここに書かれている内容も、
病院でしかできない方法です。

 

 

 

ただ、私たち個人がこういった知識を少しでも持っていたら、
医師の話を聞いて疑問に思うことも出てくると思いますので、
万が一の医師のミスを防ぐことにもつながる可能性があります。

 

 

 

なので、豆知識的な話になってしまいますが、
子供のことも考えて、大人である私たちも覚えておくといいでしょう。