アトピーを治療する食事療法の4つのポイント

スポンサードリンク

食事療法で大人アトピーを改善するための4つのポイント!

溶連菌感染症によって悪化する大人アトピーを、
日常生活における食事を見直すことで改善することがあります。

 

 

 

溶連菌も、本来であれば害がない細菌なのですが、
大人の免疫力が下がったりなど体が弱った時に感染症として
発症しやすい病気だとされています。

 

 

 

溶連菌と免疫力の関係性については、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌と大人の免疫力との関連性 

 

 

 

そもそも、こうした溶連菌にすらやられてしまうくらい免疫力が低下してしまうのも、
日々の食生活の乱れが原因だったりします。

 

 

 

 

 

 

 

別の話になりますが、
僕自身蕁麻疹の病気に悩まされていた時期がありましたが、
ラーメンなどの脂っこいものや、ジュースなどの飲食を一切やめて、
半年以上続けた結果、症状がほぼでなくなり、一気に解消に向かいました。

 

 

 

このときに漢方や減感作療法などの治療を行っていたというのもありますが、
食事の改善があってこその成果だったと思います。

 

 

 

いくら良薬を手にして飲んでいても、
日々の食生活が悪ければ必ずどこかでまたぶり返します。

 

 

 

溶連菌感染症にならないための食事による予防戦略に
ついては、以下の記事で学んでください。
 
 

ココナッツオイルが溶連菌感染症に効く?!その驚きの成分とは!
 

溶連菌を予防する強力飲料!ハーブの力!

 
免疫力を高めるため大人も発酵食品を食べよう!

 

 

 

溶連菌感染症やアトピーにおける治療にかかわらず、
どんな病気の治療にも、この食事療法はついてまわりますので,
是非この機会に学んでいってください。

 

 

 

今回は、アトピーに特化して解説していきます。

 

 

 

大人アトピーを解消するために必要な食事療法のポイントは以下の4点です。

 

 

 

  • 体を冷やす食品は避けて体を温めるものを食べる。
  • 動物性食品ではなく大豆などの菜食メインでいく。
  • 精製・精白したもの、加工食品や精製油は使わない。
  • 1日2食で1000キロカロリーの少食とする。

 

 

 

以上が、大人アトピーを食事療法で治療するポイントになります。

 

 

 

主食部分を改善しよう!

 

 

 

前述した4点を抑えていただくことも大事ですが、
主食の見直しも、溶連菌で悪化する大人アトピーの治療に役立てることができます。

 

 

 

特に、私たちはお米を主食としますが、
小麦に含まれていないγアミノ酪酸(ガンマあみのらくさん)、葉酸、オリザノールが、
白米よりも発芽玄米に圧倒的に多く含まれています。

 

 

 

なので、主食のお米を発芽玄米にすると、
豊富な栄養を摂ることができます。

 

 

 

実際に普段の食生活で、白米を発芽玄米に変えることで、
アトピーが改善した例がいくつもあります。そういう話も結構ありますので、
気になる方は本や雑誌で調べてみてもいいかもしれません。

 

 

 

玄米の重要性については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

玄米食べることは溶連菌予防につながる!?

 

 

 

 

 

 

 

一方で、普段からメインディッシュに肉類を摂るのであれば、
魚肉も摂取するといいでしょう。

 

 

 

水分補給はマメに行おう!

 

 

 

また、飲み物に関してですが、
基本的にお茶かお水をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

お水は硬水だと日本人の体に合わずに、
お腹を壊してしまうこともありますので、
軟水を飲むようにしましょう。

 

 

 

スーパーで売ってあるミネラルウォーターなんかが
おススメですね。

 

 

 

水分補給をまめに行うことで、それだけでも免疫力を維持し、
溶連菌感染症を予防することができます。

 

 

 

水分補給の重要性については以下の記事をどうぞ。

 

 

 

水分不足が溶連菌感染につながる?! 

 

 

 

以上が、大人アトピーに対する主な食事療法の内容になります。

 

 

 

溶連菌感染症にかかって悪化する場合も、
これらの食事のメニューでいけば、アトピーの症状を改善するための
基礎的な体作りは可能です。

 

 

 

 

同時に、食事療法の継続によって、
体内の毒素を尿や排便でうまく排泄できて、
体の中がどんどん浄化されて綺麗になっていきます。
 
 
 
自然と皮膚組織の回復や、
免疫力の向上による溶連菌感染症の完治につながります。
 
 
 
 

 

 

 

食事療法と聞くと地味なイメージがあって、
即効性のイメージがないかもしれませんが、
効果を得るまで時間がかかっても確実に必要なことです。

 

 

 

薬がどんなに効果があっても、この食事療法が疎かになっていたら、
すぐに再発したり、溶連菌にかからなくても体を壊しやすくなったりします。

 

 

 

なので、ちゃんと治療して治したいという大人の方は特に、
意識的に取り組むようにしてみてください。

 

 

 

続けていくと、今までと違う結果を生み出すことにいずれ気づけるはずです。