大人アトピーに効く関東温泉まとめ!

スポンサードリンク

温泉で治療?!大人アトピーに効く関東温泉まとめ!

溶連菌感染症によって悪化した大人アトピーを治療する方法の一つに、
温泉治療というものがあります。

 

 

 

知っている人は知っているでしょうし、知らない人は知らないと思いますが、
アトピーに対して温泉が持つ殺菌効果や保湿効果などを利用して
治療を行うというやり方があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

また、アトピーによく効く温泉成分というものがあるのですが、
その温泉成分とは、主に以下のような成分になります。

 

 

 

  • 硫黄泉
  • アルカリ性単純温泉
  • 炭酸水素泉
  • 塩化物鉛泉
  • 酸性泉
  • 鉱泉温泉

 

 

 

これらが、主にアトピーに効く温泉の泉質になります。

 

 

 

個人差がありますし、場合によっては体に合わずに、
より症状を悪化させてしまうこともありますので、
医師と相談しながら決めることをオススメします。

 

 

 

特に関東では、アトピー治療に使われる温泉として以下の温泉が人気です。

 

 

 

  • 群馬県:嬬恋温泉、藤岡温泉、猪ノ田温泉、亀沢温泉、老神温泉、磯部温泉、半出来温泉
  • 栃木県:那須湯本温泉元湯温泉、小砂温泉、氏家松島温泉、北温泉、草津温泉
  • 茨城県:五浦温泉、相川温泉
  • 山梨県:不動湯
  • 埼玉県:秩父温泉満願の湯、百観音温泉
  • 神奈川県:三浦マホロバ温泉、芦之湯温泉、湯河原温泉
  • 千葉県:成田の命泉、大和の湯
  • 静岡県:観音温泉、寸又峡温泉

 

 

 

以上になります。

 

 

 

温泉治療を行う上での注意点!

 

 

 

温泉は、殺菌効果や美肌効果、保湿効果など様々な効能が期待できますが、
注意点があります。

 

 

 

それが以下です。

 

 

 

  • あまり熱すぎる湯にはつからないようにすること。
  • 公衆の場で雑菌の存在があること。

 

 

 

特に、熱すぎるお湯に浸かると、
かゆみが増大してより悪化する危険があります。

 

 

 

ジクジクしたタイプのアトピーも、悪化しやすい傾向にありますので、
そういう時はむやみに入るのは控えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

温泉内で悪化してかきむしってしまうと、
傷口に雑菌が入り込むおそれがあります。

 

 

 

また、長湯しすぎたりするのもよくありませんので、
ほどほどに入浴し終わったらとっとと上がって、
皮膚の保湿ケアなどを入念に行うようにしましょう。

 

 

 

アトピーのスキンケアについては以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌で悪化したアトピーを治療するスキンケアの基本!

 

 

 

アトピーに対するスキンケアの実践の流れ 

 

 

 

皮膚の汚れを綺麗に洗い落としたらスキンケアは常識です。
あと、事前に自分に合った石鹸やシャンプーを持って行っておくといいでしょう。

 

 

 

万が一温泉内で使用されている石鹸やシャンプーが、
肌に合わなかったら大変ですからね。

 

 

 

以上の注意点を踏まえたうえで、
溶連菌感染症で悪化した大人アトピーを温泉で治療するようにしてください。