溶連菌と大人の免疫力との関連性

スポンサードリンク

溶連菌と大人の免疫力との関連性

溶連菌感染症は、免疫力がもともと低い子供だけでなく、
免疫力が一定以上備わっているはずの大人でも発症することがあります。

 

 

 

溶連菌はもともと喉にいる細菌で、普段は害をなさないのですが、
実は免疫力が低下すると大人でも感染してしまう傾向にあるのです。

 

 

特に間違った生活習慣などを続けて、免疫力が下がって、
最近疲れやすくなったなどの症状が出てきている場合は要注意です。

 

 

 

溶連菌は飛沫感染でかかることが多いですから、
免疫力が低下している状態でいると、ふと外に出た時に、
周囲の人間に移されてしまうことがあります。

 

 

 

溶連菌感染症にかかるリスクを上げてしまう間違った
習慣については、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

お酒と喫煙は免疫力を下げて溶連菌に感染しやすくなる?

 

 

 

ベジタリアンは体の免疫力を下げる?! 

 

 

 

 

 

 

 

のど風邪などの一般的な風邪と同様、
免疫力の低下によって溶連菌感染症にかかってしまうのは、
当然の結果と言えるでしょう。

 

 

 

大人の免疫力が低下する一番の原因とは?

 

 

 

子供だけにとどまらず、大人でも溶連菌感染症にかかってしまう大きな原因は、
ストレスにあります。

 

 

 

実際に免疫力を一番低下させる原因として、
医学的に証明されているのがこのストレスで、普段の仕事の疲れや、
上司からの愚痴、説教による蓄積が多いです。

 

 

 

大人になると、仕事をやっていくこともあって、
必然的にストレス負荷がかかりやすい環境に身を置くわけですから、
ある意味子供よりも溶連菌に感染しやすい状態だと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

他にも、大人の方でもストレスの原因になりうる要因はありますので、
以下にて箇条書きで記述しておきます。

 

 

 

  • 仕事
  • 上司からの説教や愚痴
  • 季節の温度変化
  • 対人関係のイライラ
  • 時差
  • 夜ふかしによる寝不足

etc...

 

 

 

ストレスによって免疫力が下がってくると、
普段なら害を及ぼすことがない細菌などが牙をむき、
大人でも病気にかかってしまうことはよくあります。

 

 

 

溶連菌感染症はその一部の例ではありますが、
他の感染症においても同じことが言えます。

 

 

 

体の抵抗力が下がってしまうと、身を守るバリアが剥がれ落ちて、
外敵の侵入や侵食を許してしまうようなものですから、甘くみずに、
しっかりと体の免疫力の管理を怠らないようにしましょう。

 

 

 

体の免疫力を向上・維持するには?

 

 

 

ここでは簡単に体の免疫力の向上と、
維持をどうすれば実践できるかを簡単に解説しておきます。

 

 

 

体の免疫力は、根本的な解決をのぞもうとすると、
薬では解決できない部分が有り、どちらかというと普段の食生活や習慣の改善が
キーになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

主に以下の点の改善が大事です。

 

 

 

  • 食生活の改善
  • 運動
  • 睡眠
  • ストレス解消
  • 温度調節

 

 

 

これらの一部は、漢方に通じるところもありますが、
体の中の流れを正常に戻すという漢方特有の考えは、
実は溶連菌の治療や大人の免疫力向上に大きく役立つのです。

 

 

 

ここでは簡潔に済ませておきますが、溶連菌感染症の治療のための、
大人の免疫力向上の方法について、以下の記事で詳しく解説してありますので、
是非参考にしてください。

 

 

 

溶連菌感染を予防する免疫力向上のための4つの習慣

 

 

 

免疫力を高めるため大人も発酵食品を食べよう!

 

 

 

防腐剤で免疫力低下?溶連菌予防のために避けるべき食べ物
 
 
 
室内と室外の温度差で免疫力が低下する時の対策