肥満の人は溶連菌感染症にかかりやすい?

スポンサードリンク

肥満の人は溶連菌感染症にかかりやすい?

溶連菌感染症などの感染症の発症は、
大人の場合、免疫力の低下が大きな原因だとされています。

 

 

 

免疫力が低下した段階に早く気づき、
溶連菌にかかるまえに改善しておくことが重要です。

 

 

 

溶連菌などの感染症にかかる原因となる免疫力低下の際、
体にあるサインが出るのですが、そのサインを知ることで、
いち早く察知して治療していくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

溶連菌にかかりやすくなる免疫力低下の4段階のサイン!

 

 

 

実は、こうした溶連菌感染の原因となる免疫力の低下は、
肥満の人ほど起こりやすいという話があります。

 

 

 

アメリカでは肥満の人ほど自己管理ができておらず、
管理職になることはできないとされていますが、

 

 

 

実際にできていませんし、
イコール「肥満の人はストレスコントロールができていない」
とも解釈できます。

 

 

 

ストレスが溜まると、人はどうしても暴飲暴食になりがちで、
その結果ストレス太りしてしまいます。これが肥満につながるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスが免疫力の低下を招き、溶連菌感染症にかかることにつながることは、
以下の記事でお話していますのでよければどうぞ。

 

 

 

溶連菌と大人の免疫力との関連性

 

 

 

実は、ストレスはホルモンバランスと関係性があって、
体内のホルモンバランスが崩れるといった現象はストレスが主な原因で、
逆にホルモンバランスを整えることはストレスに対応することにつながります。

 

 

 

ホルモンは多すぎても少なすぎても体調が崩れてしまうので、
適正に調整しなくてはいけません。

 

 

 

人間には「飢餓のストレス」と「恐怖のストレス」があるとされていますが、
肥満の場合、この「飢餓のストレス」が半端なく高いです。

 

 

 

少しお腹がすくと、食べないと死んでしまうと思ってしまうため、
少し小腹がすいたくらいで間食が気づかないうちに増えてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

逆に「恐怖のストレス」に陥ると、食欲不振になってホルモンバランスが崩れ、
これまた免疫力の低下につながってしまいます。

 

 

 

こうした免疫力の低下が、風邪をはじめとして、
溶連菌感染症などの病気にかかってしまう要因になってしまっているのです。

 

 

 

肥満の方は、今の食生活を改めて、
1日3食に戻すよう努めることから始めましょう。

 

 

 

今の習慣を改めて、溶連菌感染症にかかりにくくなるための
生活習慣を作りたいのであれば、まずは以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

溶連菌感染を予防する免疫力向上のための4つの習慣