大人が溶連菌感染症を予防する方法

スポンサードリンク

大人も必見!溶連菌感染症を予防する方法

溶連菌感染症を予防する際には、
まず気をつけておかなくてはいけないのが飛沫感染です。

 

 

 

もし、頻繁にせきやくしゃみをしている人と近くにいて、
せきの息がそのまま顔にかかったり、つばが飛んだりして手や顔についた場合は、
出来る限り丁寧に洗うことが重要です。

 

 

 

溶連菌感染症を予防する方法は主に以下の方法が有効です。

 

 

 

  • 食事前や帰宅後などの手洗いうがい。
  • マスクの着用。
  • 水分をこまめに取る。

 

 

 

それでは以下より順番ずつ解説していきます。

 

 

 

食事前や帰宅後などの手洗いうがい。

 

 

 

大人の方は、これを読んで面倒くさいと思うかもしれません。

 

 

 

でも、大事な仕事の会議が明日に控えていて、
もし手洗いを怠ったがために溶連菌感染症にかかったらどうしますか?

 

 

 

もうなってからでは遅く、出勤したら他の人にも感染して、
より一層自体が悪化してしまいます。 

 

 

 

飛沫感染なので、自分が咳をしたりくしゃみをすればするほど、
周りにあなたの体内にある溶連菌をばらまいていることになります。

 

 

 

もし子供や奥さんがかかったりなど、
家族の中で発症が少しでも確認された場合は、
手洗いやうがいは入念に行っておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

ノロウイルスやインフルエンザと同じで、
溶連菌感染症はどんどん周りに感染してしまうのです。

 

 

 

でも、ただ闇雲に手洗いとうがいをすればいいというわけではありません。
しっかりとポイントを抑えて、確実に溶連菌感染症を予防する必要があります。

 

 

 

溶連菌感染症を予防する手洗いとうがいのポイントについては、
以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

溶連菌を防ぐうがいと手洗いの基本 

 

 

 

また、うがいはうがいでも、ただのうがいではなく、
鼻うがいという方法も一つです。

 

 

 

この鼻うがいで溶連菌感染症を予防する方法については、
以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

鼻うがいで治療?!溶連菌感染症を防ぐ! 

 

 

 

マスクの着用。

 

 

 

これは当たり前かもしれませんが、
特に溶連菌は冬場の12月〜3月にかけて流行ることが多いです。

 

 

 

そういう時期をしっかり認識することができているなら、
大人なら仕事の関係上休むわけにはいかない時期でしたら面倒くさがらず、
しっかりとマスクを着用して対策しておく必要があります。

 

 

 

普通の風邪が周りで流行っている時と同じように、
マスクをしっかり着用して飛沫感染を防ぐのです。

 

 

 

 

 

 

 

まあ、溶連菌感染症は冬場だけでなく、
春から夏にかけても感染する場合があるのですが、

 

 

 

どちらかというと感染のケースが多いのは冬場とされておりますので、
特に冬場は警戒されることをおすすめします。

 

 

 

水分をこまめに取る。

 

 

 

水分をこまめに取ることも溶連菌感染症の予防には必要なことになります。
特に乾燥しやすい冬場などは口内を定期的に潤しておくといいです。

 

 

 

溶連菌などの菌は口や鼻を通って感染するものですが、
鼻や気道の粘膜の表面には線毛というものがあります。

 

 

 

これでウイルスなどを捕まえ、
痰として吐き出させる働きをしているのです。
 
 
 
 

 

 

 

しかし、冬場などの乾燥した環境で水分補給を怠ってしまうと、
線毛が乾燥してうまく溶連菌などのウイルスを吐き出すことができなくなってしまいます。

 

 

 

だから、水分補給は常に必要なのです。

 

 

 

ちなみに、摂取するならお茶やコーヒーなどのような、
利尿作用のあるものではなく、普通の水が一番効果的です。

 

 

 

当然ながら、何か風邪やほかの病気にかかってそうな人の使った、
コップなどの容器を避けることは気をつけないといけませんけどね。(;´д`)

 

 

 

また、水分をとることも重要ですが、それと同じくらい重要なことがあります。
それが加湿器を使ったのどのケアです。

 

 

 

これについては、イソジンなどでうがいをするのもアリですが、
なんせあの匂いと味が嫌で、敬遠してしまう人も多いでしょう。

 

 

 

そんな人でも簡単にできるのどのケアが、加湿器を使った
のどのケアです。こちらは、水と食塩さえあれば実行できます。

 

 

 

加湿器によるのどのケアについては、以下の記事を参考に。

 

 

 

のどミストで溶連菌の喉の痛みを解消! 

 

 

 

以上が、溶連菌感染症の主な予防策になります。

 

 

 

ぜひ参考にして、日々体の管理に気をつけてください。
ありがとうございました!