お酒と喫煙は溶連菌感染症に厳禁!

スポンサードリンク

お酒と喫煙は免疫力を下げて溶連菌に感染しやすくなる?

免疫力を向上させて溶連菌の感染を防ぐためには、十分な睡眠が必要ですが、
実はその大事な睡眠を大人が大好きな酒やタバコの喫煙で
台無しにしてしまうというのです。

 

 

 

通常、夜寝ている間、セロトニンから分泌されるメラトニンによって
体を溶連菌などの細菌やウイルスから守ってくれているのですが、

 

 

 

このセロトニンからメラトニンの分泌を行う行為を妨害するのが、酒と喫煙なのです。

 

 

 

例えば、お酒を飲んで眠ったあと、夜中に覚めてそのまま眠れなくなったという経験は、
おそらく多くの大人の方があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

これは、お酒のせいでメラトニンがセロトニンから正常に作られなかったからです。

 

 

 

また、タバコに含まれるニコチンは覚醒作用があるので、
寝る前にタバコを吸うとますます寝つきが悪くなります。

 

 

 

タバコもお酒も習慣性が高いので中々やめることは難しいですが、
それでも少しずつ断ち切る努力をしてください。

 

 

 

 

 

 

 

日々仕事で忙しい大人の男性ならわかるかと思いますが、
溶連菌に感染したりインフルにかかったりして休むほど余裕はないはずです。

 

 

 

かかってからでは遅いので、今のうちにしっかりと禁煙・禁酒の方へ持っていくか、
たしなむ程度に抑えるといった努力をしておきましょう。

 

 

 

特にタバコは肺がんや肺気腫のリスクを高めるばかりか、
煙に含まれる粒子が大量の「余計な物質」として侵入してくるので、
免疫システムに大きな負担を与えてしまうことになります。

 

 

 

喫煙は睡眠の質を下げて、
免疫システムを低下させる最悪の行為なのです。

 

 

 

【余談】カフェインを含む飲み物もダメ?!

 

 

 

また、コーヒーやお茶に含まれるカフェインには興奮作用があるので、
これまた良質な睡眠を妨げてしまうことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェインは体内での減る時間が8時間と非常に長いので、
夕方以降のコーヒーやお茶は控えてください。

 

 

 

特に、コーヒーなどは中毒性が高いですが、
普段よく飲む人は頻度を減らすようにしましょう。