溶連菌感染症と水分不足

スポンサードリンク

水分不足が溶連菌感染につながる?!

人間は暑い時は汗をかくことで体温を下げて、
寒い時はおしっこなどで熱が奪われるのを防いで
体温調節を行っています。

 

 

 

ここで重要なのは、どちらも水分を出すことで、
体温を調節しているということです。

 

 

 

大人が溶連菌に感染しないためには、免疫力を強く保たないといけませんが、
水分が不足することで免疫力が落ちて、
溶連菌にかかってしまうおそれがあります。

 

 

 

また、水分と聞くと飲み水やジュースなどが思いつきますが、
普通の食べ物でも、体内で最終的には二酸化炭素と水になるので、
食べ物のおよそ半分は水として利用されるということになります。

 

 

 

 

 

 

 

通常、人が1日に摂取する水分は平均2600mlと言われていますが、
そのうち飲料水は1500ml、食べ物は1100mlとされています。

 

 

 

目安ではありますが、暑い夏場などは1日1500ml、
冬は1日1100mlの飲料水を摂るようにしましょう。

 

 

 

水分の不足はデリケート!

 

 

 

人間の体の60%は水分だとされていますが、体重が60kgの人の場合、
その60%にあたる36kgの水、すなわち36リットルの水分があります。

 

 

 

この60%のうち、わずか2%を失うと喉の渇きを起こし、
5%を失うと激しい疲労感を起こし、7%を失うと命の危険にさらされます。

 

 

 

それほどまでに、水分の調節はデリケートであって、
暑い夏場や尿意が激しい冬場などは特に、まめに水分を摂らなくてはいけません。

 

 

 

夏場になると、サラリーマンの方は外回りに営業に行くなりして汗をかき、
室内に入ると汗が付いた状態でエアコンにあたることになりますので、
夏風邪などの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

逆も然りで、冬場は温かい室内で過ごして発汗し、
汗が出たまま寒い外気に触れることになるので、
溶連菌感染症なども含め、病気にかかりやすくなります。

 

 

 

大人の方で営業などを職業にしている方は特に、
気をつけるようにしましょう。

 

 

 

こまめな水分補給が溶連菌感染を防ぐ。

 

 

 

上記のとおり、水分不足は免疫力を下げて、
溶連菌感染症や他の病気になる原因になるわけですが、
おすすめの予防策として、ミネラルウォーターの持ち歩きをオススメします。

 

 

 

500mlでも300mlのものでもいいのですが、
常に持ち歩くよう心がけましょう。
特に、夏と冬は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

こまめに水分補給ができるのもそうですが、
いつでもうがいができるというメリットもあるので、
喉をきれいにして溶連菌感染症を予防することができます。

 

 

 

その時はミネラルウォーターと一緒に、
うがい薬を持っておくのもいいかもしれませんね。

 

 

 

お茶はどうかと思われる方もおられるかもしれませんが、
お茶は利尿作用があるため水分補給には適しません。

 

 

 

飲んでもすぐに尿として排泄してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

また、多くのお茶はカフェインを含んでいるので、
摂りすぎると睡眠を妨げるなど、
逆に生活習慣が乱れて免疫力が下がることになります。

 

 

 

カフェインなどの飲み物がダメな理由については、
以下の記事で少し解説しています。

 

 

 

お酒と喫煙は免疫力を下げて溶連菌に感染しやすくなる? 

 

 

 

糖分が含まれている飲み物でも水分補給はできますが、
同時に糖尿病になるリスクも伴いますのでできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

 

水分補給にはやっぱり純粋な水が一番です。(^^)

 

 

 

ぜひ習慣化して取り入れるようにしてください。

 

 

 

ではでは!