溶連菌を大人が治療する方法

スポンサードリンク

室内と室外の温度差で免疫力が低下する時の対策

今や大人の方が働くオフィスだけでなく、
学校や家庭でもエアコンで快適な空調を行うことができるようになりました。

 

 

 

しかし、皮肉にもこの快適な環境が免疫力を低下させ、
溶連菌感染症などの病気にかかりやすくしてしまっているところがあります。

 

 

 

例えば夏場、暑い戸外から入ってきた人が快適に感じる温度は、
ずっと室内にいる人にとってはやや低めです。

 

 

 

このやや低めの温度が続くと、体が冷えてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

頻繁にトイレに立つことが増えて水分を排泄することが多くなった場合は、
体が冷えている証拠ですので気をつけてください。

 

 

 

室内と室外の温度差が激しいと、
風邪や溶連菌にかかりやすくなるのです。

 

 

 

内と外の温度差を対策する4つの方法!

 

 

 

室内と室外の温度差を対策して、
免疫力の低下を防ぐには以下の方法が効果的です。

 

 

 

  • 加湿器の設置
  • 適度な温度設定
  • 扇風機の利用
  • カイロの持参

 

 

 

それでは順番ずつ解説していきます。

 

 

 

加湿器の設置

 

 

 

エアコンをかけていると、空気が乾燥しがちになりますが、
実は乾燥しすぎるのも、風邪をひくなどの原因になります。

 

 

 

もし、オフィスや家などでエアコンが効きすぎて乾燥しがちであれば、
各部屋に加湿器を置いて乾燥を防ぐようにしましょう。

 

 

 

まあ、最近のエアコンは微調整できるものが多いので、
必要ない場合が多いですけどね。

 

 

 

加湿器については、以下の記事で詳しく解説していますので、
家に加湿器がほしいという方はどうぞ。

 

 

 

エアコンに加湿機能がついていなかった場合、
いちからエアコンを買いなおすよりも加湿器を買ったほうが
安いですからね。

 

 

 

溶連菌を撃退!加湿器のススメ!

 

 

 

また、加湿でも喉に集中して加湿を行い、
溶連菌を殺菌してくれる『のどミスト』というアイテムがあります。

 

 

 

喉がイガイガしたり、痛みを帯びている場合は、
これを使って喉の奥の菌を倒すのもおススメです。

 

 

 

こっちのほうがピンポイントでケアしてくれる分、
そこから得られる効果は高いです。

 

 

 

のどミストで溶連菌の喉の痛みを解消! 

 

 

 

適度な温度設定

 

 

 

実は、室温が低いと体は微発熱して体温の低下を防ぐ働きをします。

 

 

 

この微発熱は免疫機能を活性化させているので、
このままの状態が続くと免疫システムが疲弊して免疫力が下がり、
溶連菌に感染しやすくなったりします。

 

 

 

 

 

 

 

エアコンの温度設定は、
「少し暑いけどじっとしていれば汗はかかない。」という程度が一番いいです。

 

 

 

個人差はありますが、
夏場では27°ではなく28°〜28.5°がいいでしょう。

 

 

 

扇風機の利用

 

 

 

ただ、エアコンを使っていても空気の対流が悪かったりするので、
そういうときは扇風機を使って対流を起こし、
より高い温度設定でも涼しく感じれるように調整しましょう。

 

 

 

扇風機はタワー型や羽のないもの、
強力なプロモーターのついたプロ仕様のものまであるので、
選択肢は広いです。

 

 

 

特に温度の低い空気は床にとどまりやすいので、
足元が冷えやすくなることから、
冷房の場合は下から上に吹き上げるのが効果的です。

 

 

 

カイロの持参

 

 

 

実は、暑い夏場でもカイロを持参しておくと、
いざオフィスに趣いて極端に寒かった時でも対処することができます。

 

 

 

肩甲骨か腋の下、腰椎の後ろに貼るとたちまち体温が上がって、
免疫力の低下を防ぎ、溶連菌感染の予防になります。

 

 

 

 

 

 

 

使い捨てカイロでいいので、
夏場でも冷えやすい方は持参するようにしましょう。

 

 

 

以上です。

 

 

 

大人の方で、特に営業をされている方は、
移動によって、室内と室外の温度差で免疫力が低下し、
溶連菌感染症などの病気にかかりやすくなります。

 

 

 

ここに書かれている中でも、
カイロの持参は誰でもできますので、ぜひ実践してみてください。