玄米食べることは溶連菌予防につながる話

スポンサードリンク

玄米食べることは溶連菌予防につながる!?

溶連菌感染症などの病気にかかったりしないために、
免疫力を高めて維持するためには、食事療法は欠かせませんが、1
中でもタンパク質やビタミン、ミネラルは重要です。

 

 

 

中でも、日本人が主食としているお米にひと工夫するだけで、
溶連菌に対する耐性を付ける上で効率の良さが大きく変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

そこでオススメなのが、玄米です。

 

 

 

玄米が溶連菌を防ぐ免疫力を高める!

 

 

 

朝食としては伝統的な和食の組み合わせが理想的で、
できれば白米よりも玄米の方が腹持ちがよく、
ビタミンやミネラルが豊富なのでオススメです。

 

 

 

疲労回復効果のあるビタミンB1は、
白米の5倍以上で栄養的にはとても魅力的です。

 

 

 

私自身、玄米は結構好きで、
あのプチプチした噛みごたえが気に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

玄米と合わせるのであれば、薄味の魚や野菜など、
伝統的な和食のおかずこそベストです。

 

 

 

具体的には、以下のようなおかずと組み合わせるといいです。

 

 

 

  • 小魚
  • のり
  • 漬物
  • 梅干

 

 

 

 

 

 

 

旬の食材は特に栄養価が高いので、
食材を選ぶ際は旬のものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

玄米の3つのデメリット

 

 

 

白米よりも栄養価が基本的に高い玄米ですが、
玄米にもデメリットがあります。

 

 

 

それが以下です。

 

 

 

  • 胃腸が弱い人だと消化不良を起こすことがある。
  • 土壌の汚染物質が付着していることがある。
  • 脂っこいものや味の濃いおかずと合わない。

 

 

 

玄米は確かに栄養価が高く、疲労解消効果もあるので、
免疫力を高めて溶連菌感染症の予防に向いていますが、
食物繊維が豊富な分、胃腸が弱い人が食べると消化不良を起こすことがあります。

 

 

 

また、玄米は白米と違って精製していないので、
土壌の汚染物質がそのまま付着していることがあるため、
撰品の際は気をつけなくてはいけません。

 

 

 

今であればインターネットを除けば有機、無農薬、低農薬として
販売されている玄米が数多くありますので、
購入するならそういったところで購入するといいでしょう。

 

 

 

玄米以外で食事で気をつけること。

 

 

 

玄米か白米かという違いも重要ですが、食材単位ではなく、
全体的に普段の食事のメニューを見直すことも重要です。

 

 

 

昼間は消火活動が最も活発に行われる時間帯ですから、
肉、野菜、ご飯、フルーツなど30品目とは言わないまでも、
なるべく多くの食材を食べたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

1日の中では昼食に一番多くのカロリーを摂取することをおすすめします。

 

 

 

夕食はそば、うどん、煮野菜、デザートなど軽めのものにしましょう。

 

 

 

脂っこいものなど消化に悪い夕食は、
良質な睡眠を妨げて免疫システムの低下を招いてしまいます。

 

 

 

夕食は遅くても夜10時前に終えるようにして、
そのあとはリラックスして過ごすようにしましょう。

 

 

 

食事は楽しく美味しく食べることが一番ですから、
あまり難しく考えずに柔軟に考えて、食事を楽しみながら免疫力向上とともに、
溶連菌の予防を行っていくといいでしょう。