免疫力を高めるため大人も発酵食品を食べよう!

スポンサードリンク

免疫力を高めるため大人も発酵食品を食べよう!

大昔から発酵食品は私たち人間と長い歴史を歩んでおり、
それは数千年前にもさかのぼります。

 

 

 

ぶどう汁で繁殖した菌がアルコールを作ってワインが飲まれるようになったり、
旅の商人が皮製の水筒にミルクを入れて持ち歩いていたら、
中にチーズが出来ていたという話もあります。

 

 

 

日本人も味噌、醤油、漬物といった発酵食品を食べてきましたから、
発酵食品は世界中で好まれている食材と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

子供や大人の方でも、好き嫌いのある方もいると思いますが、
納豆が嫌いな方とかでも発酵食品は別で摂ることができますので、
ぜひ参考にしてください。

 

 

 

発酵食品はその保存性の高さが際立ちますが、
免疫力を高める効果も近年注目されるようになってきています。

 

 

 

発酵食品が免疫力を高めることができる理由

 

 

 

免疫力を高めることができると、溶連菌感染症などの病気から風邪まで、
あらゆる病気に対する抵抗力がついて体調を崩しにくくなります。

 

 

 

発酵食品を食べることによって免疫力がつく理由、
仕組みというのが、発酵食品を生み出している乳酸菌の存在にあります。

 

 

 

乳酸菌は人間の腸内の善玉菌を増やしてくれるので、
腸内細菌のバランスをとることができ、この腸内環境が整うと、
免疫力が上がるのです。
 
 
 
 

 

 

 

日本人であれば、味噌、醤油、漬物などは免疫力を高めて、
溶連菌感染症などの病気を予防するうえでぜひ摂っておきたい食べ物ですね。

 

 

 

特に、食べる際には無添加できちんと発酵と熟成されているものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

こうして、発酵食品を食べることで、免疫力が向上し、
溶連菌感染症に備えた状態を維持することができるのです。

 

 

 

大人の方で発酵食品が苦手という方でも、
醤油や味噌が嫌いという方は少ないと思いますので、納豆とかが無理という場合は、
味噌汁といった伝統的な食べ物で補うようにすると効果的です。

 

 

 

参考にしてみてください。