溶連菌予防で必要なサプリメント

スポンサードリンク

サプリメントの必要性と補給すべき栄養とは?

食生活の改善などは、
体の免疫力を高めて溶連菌の感染をふせぐことにつながります。]

 

 

 

免疫力の向上がどうやって溶連菌感染症の予防に役立つのかは、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌と大人の免疫力との関連性 

 

 

 

しかし、子供とかであれば家でお母さんがご飯を作っているので、
時間通りに帰って食べれば、栄養をバランス良く取ることも可能ですが、

 

 

 

大人になると中々時間が取れないため、
バランスのいい食事をとるのが難しくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

バランスのいい食事と聞くと、和食などを思い浮かべる人が多いですが、
その和食も食べに行こうと思えばかなり高いので、中々行けないと思います。

 

 

 

しかし、大人になると歳をとるにつれて免疫力が低下し、
溶連菌感染症にかかりやすくなります。

 

 

 

だから、なんとかうまく栄養バランスのとれた生活を送り、
免疫力を高めて維持するようにしないといけません。

 

 

 

そこで役立つのが、サプリメントです!

 

 

 

 

 

 

 

サプリメントには様々な種類がありますが、
特に必要になるのがビタミン関連のサプリメントですね。

 

 

 

免疫力を高めて溶連菌を防ぐためには、
どういった種類のサプリメントが必要なのかを
解説していきたいと思います。

 

 

 

なぜサプリメントが必要なのか?

 

 

 

サプリメントと聞くと、薬のようなイメージを持たれる方が多いですが、
今となっては立派な栄養補給の食品みたいなものです。

 

 

 

実は現代の日本人の食べる食材の栄養価が低下してきていて、
例に出すと日本のほうれん草の栄養の一つであるビタミンCの量は、
昔のほうれん草の15分の1と言われています。

 

 

 

これは日本で流通している野菜の多くが、
ビニールハウスで促成栽培されたものだからです。

 

 

 

熱帯で育った野菜や果物が日本の野菜よりも、
栄養価が高いのもこれが原因だったりします。

 

 

 

 

 

 

 

本来であれば野菜などは、紫外線によってできる活性酸素から守るために必要な
ビタミンやポリフェノールを作るために必要なエネルギーを持っているはずなのですが、
ハウス栽培になると成長の方にエネルギーを消費するようになります。

 

 

 

ハウス栽培によって、普段であれば差し込んでくるはずの紫外線を防がれてしまうため、
活性酸素が発生しなくなり、ポリフェノールなどのビタミンを作らなくても
長く生き延びることができてしまうのです。

 

 

 

こうした過程が続くと、野菜は必要な栄養を作ることをやめてしまいます。
これが、栄養価の低下につながるわけです。

 

 

 

こうした背景から、もはや野菜さえとっていれば、
サプリメントはいらないといった文言は通用しないのです。

 

 

 

それに、野菜ばかりとっているベジタリアンといった状態も、
溶連菌感染症予防において悪影響を及ぼします。

 

 

 

これについては以下の記事をどうぞ。

 

 

 

ベジタリアンは体の免疫力を下げる?! 

 

 

 

サプリメントで補給すべき栄養とは?

 

 

 

サプリメントにも、ミネラルからビタミンなど様々な栄養を補給できる種類がありますが、
特に必要な栄養素はビタミンです。

 

 

 

ビタミンの不足は風邪や溶連菌感染などに直結する要因になりますので、
とりわけビタミンだけは、不足しないように補っていくようにしましょう。

 

 

 

ちなみに仕事が忙しい人やストレスがかかっている人は、
ビタミンCを1000〜2000mg補給することで対策できるそうです。

 

 

 

ストレスを感じると体内で活性酸素が発生しますが、
これをビタミンCは抑えてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

また、ビタミンCは使い終わったビタミンEをよみがえらせる働きがあるため、
溶連菌感染症や風邪を予防し、ストレスまでも撃退してくれます。

 

 

 

人間はビタミンCを体内で作ることができませんから、
サプリメントで補給する必要があります。

 

 

 

ビタミンCはたとえサプリメントで大量に補給しても、
副作用はほとんどもちませんから、安心してどんどん補給するようにしましょう。