A群溶連菌感染症の治療法!

スポンサードリンク

人喰いバクテリア!A群溶連菌感染症の治療法!

A群溶連菌感染症は発症すると、
上気道炎、咽頭炎や扁桃腺炎などを引き起こし、
激しい喉の痛みとともに様々な症状をもたらします。

 

 

 

ひどくなると劇症型A群溶連菌感染症へと悪化し、
上気道炎や創部感染とともに、四肢などの軟部組織に壊死性炎症を引き起こします。

 

 

 

「人喰いバクテリア」と恐れられているほどに、恐ろしい病気です。

 

 

 

 

 

 

 

急速にショック症状や多臓器不全に陥りやすく、
死に至る可能性も極めて高く、致死率は30%を超えると言われています。

 

 

 

また、妊娠中の発症は極めて稀ではありますが、
発症した場合は敗血症のショックが急激に悪化し、
さらには子宮内に感染して高確率で赤ちゃんの命を奪うこともあります。

 

 

 

この場合、劇症分娩型A群溶連菌感染症といいます。

 

 

 

日本では、また、A群溶連菌感染症以外でB群溶連菌感染症も存在しますので、
一応こちらも参考にされるといいでしょう。

 

 

 

B群溶連菌感染症も、A群に次いで非常に多いタイプの
感染症です。

 

 

 

妊婦と赤ちゃんを襲うB群溶連菌感染症とは? 

 

 

 

それでは、A群溶連菌感染症がどういったものであるかを、
以下より解説していきたいと思います。

 

 

 

大人の方でも油断できない病気ですので、
特に妊婦の大人の女性の方は、覚えておいても損はありません。

 

 

 

A群溶連菌感染症の主な症状について

 

 

 

このA群溶連菌感染症に感染した場合は、
まず、発熱と咽頭痛が襲います。

 

 

 

次に、全身に広がる発赤疹や膿痂疹(のうかしん)、
強い全身の倦怠感が襲います。

 

 

 

赤ちゃんの場合、免疫力が低いこともあって、アトピーなどの
皮膚炎にも悩まされやすいのですが、A群溶連菌感染症の症状と合わさって、
アトピーのかゆみが悪化することがあります。

 

 

 

それについては以下の記事で解説していますので、
溶連菌にかかってアトピーが悪化したことがあるという方は、
一度みておくことをおススメします。

 

 

 

溶連菌で悪化するアトピー性皮膚炎とは?

 

 

 

大人でも溶連菌が原因でアトピーが悪化する?! 

 

 

 

さらに下腹部の激しい痛みが起こり、子宮が収縮して胎児の機能が停止し、
死産へとつながる恐れもあります。

 

 

 

 

 

 

 

劇症分娩型A群溶連菌感染症の場合は、
妊娠末期や分娩中に突発的に発症し、急速に進行するなどの状態に陥り、
早急な対処が必要になります。

 

 

 

A群溶連菌感染症の治療・対処とは?

 

 

 

血圧や脈拍数、血中酸素飽和度、尿量、心電図を継続して測定し、
病院内で集中治療室で治療していくことが中心になっていきます。

 

 

 

主な治療方法としては、
以下の方法が有効とされています。

 

 

 

  • 抗菌薬投与
  • 抗ショック療法

 

 

 

抗菌薬に関しては、ペニシリン系抗菌薬の大量投与か、
クリンダマイシンの併用が効果的です。

 

 

 

ペニシリンに加え、クリンダマイシンにより、
毒素の産生を抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

ここに抗ショック療法を合わせることができれば、
事態を大きく改善することができることがあります。

 

 

 

ペニシリン系薬剤について知りたい方は、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

良薬!溶連菌によく効く薬「ペニシリン」とは? 

 

 

 

A群溶連菌感染症は人の組織を破壊し、
瞬く間に命を奪う危険な感染症であり、
これが「人喰いバクテリア」と言われる所以でもあります。

 

 

 

症状に心当たりがある場合は、すぐに医師の判断を仰ぎ、
対処もしくは治療を行われることをおすすめします。