薬・サプリメントとの正しい付き合い方!

スポンサードリンク

薬・サプリメントとの正しい付き合い方!

サプリメントは今となっては、
現代人にとって必要な栄養を補給するための重要なアイテムの一つです。

 

 

 

乾燥させた食べ物を粉末にして、ビタミン・ミネラルなどの栄養を抽出し、
濃縮してカプセルに詰めたものをサプリメントと呼びますが、
溶連菌から守るための免疫力を保つためには欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、サプリメントを使い始めると、
薬とはどうやってバランスをとっていけばいいのかわからない人も多いと思います。

 

 

 

そこで今回は、これから溶連菌感染症を効率よく防ぐために、
薬とサプリメントとの賢い付き合い方を解説いたします。

 

 

 

薬とサプリメントの違い

 

 

 

薬とサプリメントは、外見上は似てはいますが、
その中身は全くと言っていいほど異なります。

 

 

 

ビタミンを例に出しますと、
薬の場合は過不足なくぴったり100mgの合成ビタミンCが入っていますが、
サプリメントの場合は配合量がいい加減だったりすることがあります。

 

 

 

これは海外になると特に顕著で、
箱に400mg配合と書かれてあって、
300mgも含まれていればいい方と言われているくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし最近になると、医薬品としての成分の一部がサプリメントへの使用許可がおりるようになり、
コエンザイムQ10やメリロートなども気軽に摂ることができるようになりました。

 

 

 

こうした成分は、薬よりも効果が高いことが有り、
薬よりも実質効果が高いサプリメントが近年では増え始めているのです。

 

 

 

サプリメントや薬を飲む時の注意点!

 

 

 

サプリメントや薬を使う際は、
飲む時に注意を払わないといけません。

 

 

 

これは粉末状のものを選ぶかカプセル状のものを選ぶかで大きく変わってきます。

 

 

 

粉末状のものやカプセルタイプのものと分かれていますが、
水に溶けやすいという点で見ると、
カプセルが圧倒的に溶けやすいのでそっちがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

粉末は一般的に水に溶けにくいとされていて、
水が足りないと食堂や胃壁に粉末がくっついて気分が悪くなったり、
十分な効果が発揮されないことがあります。

 

 

 

なので、薬もサプリメントも、
必ず十分な量の水とともに飲まなくてはいけません。
 

 

 

サプリメントの場合はもともとが食物で出来ているので、
粘膜にくっついても少し吐き気がする程度で済みますが、
これが毒物を出発点とする抗生物質とかであれば最悪吐血することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

特に抗生物質は溶連菌感染症の治療に使われることが多いので、気をつけましょう。

 

 

 

間違った薬の使い方が溶連菌を悪化させることもあり、
それについて以下の記事で解説していますのでよかったら読んでみてください。

 

 

 

薬を飲む習慣は溶連菌を悪化させる! 

 

 

 

コップ1杯と言いながら一口しか飲まない人もいますが、
せっかくの有効成分が発揮されないのはもったいないことこの上ありません。

 

 

 

特にサプリメントは、野菜や果物と同じ役割をするはずのものですから、
食事の最中に飲むようにすれば水分不足になる危険性もなくなります。

 

 

 

なぜなら、食事中の飲用だと食物が分解される中で水が発生しますから、
少し飲む水が不足していても安心できるからです。

 

 

 

こうして、薬とサプリメントの違いを理解し、
飲み方を意識することで有効活用することができます。

 

 

 

ぜひあなたも意識してやってみてください。