防腐剤が免疫を下げて溶連菌にかかりやすくなる?

スポンサードリンク

防腐剤で免疫力低下?溶連菌予防のために避けるべき食べ物

溶連菌に感染しにくくするためには、
普段の食生活の改善が必要不可欠ですが、
ついついコンビニで間食気分で食べ物を購入していたりしていませんか?

 

 

 

できたらこれは、やめておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

コンビニのおにぎりや弁当には、
防腐剤が使われていることが多いのですが、
この防腐剤が免疫力の低下を招き、
溶連菌に感染する原因となるとされています。

 

 

 

大人の方だと特に、時間がないと会社の近くのコンビニで買うことが多いと思いますが、
なるべく避けたほうが無難です。

 

 

 

では、なぜ防腐剤が免疫力を低下させて、
溶連菌に感染する要因になってしまうのでしょうか?

 

 

 

コンビニ食品の防腐剤が免疫力低下の原因になる理由

 

 

 

コンビニ食品に含まれている防腐剤が、免疫力の低下につながる理由ですが、

 

 

 

これは、摂取することで腸内の善玉菌に悪影響を及ぼすからです。
善玉菌にダメージが行くと免疫力が低下し、
溶連菌感染症などの病気にかかりやすくなるからです。

 

 

 

腸内環境が悪化するということは、
体全体の免疫力が低下すると同義なのです。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと摂取したからといってすぐに免疫力が低下するわけではありませんが、
この習慣が続くと積み重なっていき、徐々に体を蝕んでいきます。

 

 

 

また、コンビニの食品はもちろんですが、
他にもお菓子やレトルト食品なども、腸内環境を乱して、
免疫力を低下させる原因になりますので、なるべく避けたいところです。

 

 

 

加工食品はどうなの?

 

 

 

加工食品はどうなんだという意見が出てくる方もおられると思いますが、
できれば加工食品も、体を大事にしたいなら慎重に選ぶべきです。

 

 

 

たいていの場合は添加物が入っていることがほとんどなので、
デパートやスーパーマーケットで購入する際には、
お惣菜を店内の裏で防腐剤なしで作り、
販売しているかをチェックしておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前で揚げている天ぷらやコロッケ、
さばかれている魚などは防腐剤に関しては比較的安心なので、
購入しても大丈夫です。

 

 

 

大人の方で、仕事をなかなか休むわけにはいかないという方は、
ふとした時に溶連菌に感染してしんどい思いをすることになりますので、
なるべく普段から原因になるような食品は避けるようにしましょう。

 

 

 

他にも、こんな記事がありますので、
一度参考までに読まれてはどうでしょうか?

 

 

 

溶連菌予防のために偽物食材を避けよう!