溶連菌感染症予防のために避けるべき食材

スポンサードリンク

溶連菌予防のために偽物食材を避けよう!

溶連菌感染症は飛沫感染が原因で引き起こされることがほとんどですが、
そもそも大人が飛沫感染にかかるのは、それだけ免疫力が弱っているからです。

 

 

 

免疫が弱る原因としては、運動不足や環境温度の偏りなどがよく挙げられますが、
特に気をつけていただきたいのが普段食べる食材です。

 

 

 

 

 

 

 

スーパーなどで気軽に買っているものが、
実は体に良くないということは往々にしてよくあります。

 

 

 

その中でも一般庶民や少し経済的に厳しい人が買いがちな
「コピー食材」には要注意です。

 

 

 

免疫力を下げるコピー食材とは?

 

 

 

コピー食材とは、主に高価な食材を安く仕上げるために、
開発された本物そっくりにできた食材のことで、
言ってしまえば偽物ということです。

 

 

 

キャビア、いくら、ホタテの貝柱、うすらの卵、タイ、アナゴなどが代表例で、
ここに挙げられているものが袋詰めで100円とかで売られてるとかありえません。
本物ならもっと高いです。

 

 

 

いくらなんて、北海道産のちゃんとしたやつを買えば、
小さい箱詰めで3000円とかしますからね。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

コピー食材の現状・・・

 

 

 

日本の法律ではたとえコピー食材でも一度加工すれば、
「本物」となのってもいいことになっています。

 

 

 

例えばかにかまぼこをカニとして売るのは違法になりますが、
しかし、かにかまぼこのパッケージを破り、卵と一緒にフライパンで
炒めてお惣菜にすると「かに玉」として売っても違法にはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

その他にも冷凍食品のホタテの貝柱のフライの多くは、
たらのすり身にホタテ風の味付けをし、
たらのすり身をイカ風の味付けをして形作ったものです。

 

 

 

冷凍食品やレンジでチンすれば食べられる加工食品は、
このようなコピー食材を使ってコストダウンしているものが多いです。

 

 

 

たらだけならいいのですが、着色料や香料、保存料など、
体に余分な添加物が溜まっていき、
免疫力を下げる原因になります。

 

 

 

これなら少し高くても本物を購入したほうがいいでしょう。
コピー食材ばかり購入して食べていると、良質なタンパク質が不足していきますから、
気をつけなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

良質なアミノ酸を摂っていなかったら、必要なアミノ酸が足りなくなり、
筋肉や皮膚、内蔵の活動を衰えさせてしまいます。

 

 

 

特に大腸や肝臓などの内蔵が弱ると、
免疫力が低下して溶連菌などに感染しやすくなり、
大人でも症状が悪化するケースがあります。

 

 

 

コピー食材になりにくい食材とは?

 

 

 

こうしたケースを防ぐためにも、なるべくコピー食材にならないようなものを、
普段から食べるように心がけておくといいかもしれません。

 

 

 

例えば、サンマやアジなどの小魚や鶏卵、牛乳、味噌などは、
コピー食材になることはまずないので、安心して食べることができます。

 

 

 

ただ闇雲に、食べたいからという理由だけでスーパーで食材を買っていると、
それが祟って溶連菌感染症などの病気にかかって、
大人でも出勤停止をくらったりすることになりかねません。

 

 

 

是非とも気をつけてくださいね。(^^)