溶連菌を防ぐうがいと手洗いの方法

スポンサードリンク

溶連菌を防ぐうがいと手洗いの基本

昔から大人は、子供に家に帰ったあとの手洗いとうがいを徹底させていましたが、
今では手洗いとうがいをまともにやる大人が減ってきています。

 

 

 

もう子供だけでなく、大人も手洗いとうがいを意識しないといけません。

 

 

 

これは、仕事が忙しくなって余裕がなくなってきているのが原因だと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

手洗い・うがいをしっかりやらないと、
大人でもインフルエンザや溶連菌感染症などにかかりやすくなるため、
気をつけなくてはいけません。

 

 

 

屋外の大気中には、
ほこり、ウイルス、バクテリア、微生物、化学物質など、
目に見えないものがたくさん飛んでいます。

 

 

 

溶連菌も例外ではなく、溶連菌に感染している人の咳や呼吸などで、
飛沫感染が拡大する恐れがあります。

 

 

 

こうした溶連菌の感染を防ぐためには、
手洗いとうがいが必須なのです。

 

 

 

溶連菌だけでなく化学物質にも注意?!

 

 

 

溶連菌に感染すると聞くと、溶連菌だけを防げばいいと思いがちですが、
実は大気中に浮いている化学物質も溶連菌に感染するのに、
間接的にかかわっているのです。

 

 

 

例えば花粉症を例に出すと、
花粉症患者に多いのは都会に住んでいる人らしいですが、

 

 

 

その原因の多くが、化学物質などの余計なものを、
体内に取り込んでいるのが大きいとされています。

 

 

 

石油や石炭などの化学燃料を多く使うことになった現代では、
化学燃料から出る化学物質が大量に撒き散らされ、
それを吸い込むことで免疫システムに大きな影響を与えてしまっているのです。
 
 
 
 

 

 

 

体に余計なものが蓄積されていくと、その分、体の免疫システムは働き、
余分に体力を消耗してしまうことになります。

 

 

 

そこで溶連菌が来ると、
感染しやすくなることにつながりやすいのです。

 

 

 

体の免疫システムは、溶連菌などの細菌やウイルスに対してだけでなく、
化学物質などに対しても過剰に反応してしまうというわけです。

 

 

 

そこで、体の免疫力を高める努力をすれば、逆に溶連菌感染症は
防げるということになります。

 

 

 

体の免疫力を上げて、溶連菌感染症を防ぎたいという方は、
以下の記事などを参考に。

 

 

 

溶連菌と大人の免疫力との関連性

 

 

 

溶連菌になりやすくなる免疫力低下の4段階のサイン! 

 

 

 

うがいはやっぱりイソジン?

 

 

 

うがいと聞くと、イソジンなどが思い浮かびますが、
実はイソジンなどのヨード液を使わなくても、
喉に潜む溶連菌などの菌を退治することはできます。

 

 

 

京都大学の研究で、約390名のボランティアを、
「うがいしない」、「水で1日3回以上うがい」、「ヨード液で1日3回以上うがい」
という3グループに分けて2ヶ月間検証を行いました。

 

 

 

すると、水でうがいをした人は、
うがいをしなかった人よりも4割以上風邪にかかりにくいことがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

加えて、水でうがいした時とヨード液(イソジンなど)を使ったは、
そこまで効力に差はなかったようで、
うがいをするかどうかが重要なようです。

 

 

 

イソジンでなくても、お茶や紅茶でうがいをする人もいると思いますが、
いつもできるとは限りません。

 

 

 

やっぱり、手軽な水でのうがいが一番実践しやすいです。

 

 

 

ただ、もしうがいが嫌だという方の場合は、喉ミストで食塩を用意して、
のどミストから発生した霧で喉を治療するという方法がおススメです。

 

 

 

うがいが嫌で、のどミストで溶連菌感染症を予防したい、治療したい
という方は、以下の記事をどうぞ。

 

 

 

のどミストで溶連菌の喉の痛みを解消! 

 

 

 

手洗いの重要性

 

 

 

化学物質やウイルスは電車のつり革や入口にも付着していますから、
手洗いもしっかりやらないといけません。

 

 

 

洗う際は、石鹸を泡立てて15秒〜20秒くらいかけて、
すみずみまで洗うようにしましょう。

 

 

 

石鹸はウイルスの表面の膜を壊して感染力を失わせる効果もあり、
溶連菌感染症の予防には非常に効果的です。

 

 

 

以上となります。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。