溶連菌感染症を鼻うがいで治療

スポンサードリンク

鼻うがいで治療?!溶連菌感染症を防ぐ!

溶連菌感染症の予防などで、うがいを思い浮かべる方は多いと思いますが、
うがいには「口うがい」と「鼻うがい」の2種類があるのをご存知でしたか?

 

 

 

鼻うがいは、最近の若い人のあいだでは聞こえなくなりましたが、
お母さんの世代やおばあちゃんの世代では、
結構知っている人はいると思います。

 

 

 

 

 

 

 

鼻うがいとは別名「鼻洗浄」とも呼ばれ、
溶連菌感染症などの感染症の予防に効果的!
ウイルスを撃退させて風邪を治療するのに用いられる方法になります。

 

 

 

具体的にどういった方法なのかを紹介しましょう。

 

 

 

溶連菌を治療する鼻うがいの具体的な方法

 

 

 

まず鼻の穴にコップの中の洗浄水を流し入れ、
片方ずつ静かに鼻をかみます。(この時鼻をかむのはきつすぎないように)

 

 

 

鼻をかむことで口と鼻の両方から水が排出されますが、
これを鼻洗浄(鼻うがい)といいます。

 

 

 

これで口の中だけでなく、
鼻の中に存在するおびただしい数の細菌や、
ウイルスを洗い流すことができます。

 

 

 

鼻うがいの注意点。

 

 

 

まず、鼻うがいには必ず生理食塩水を用いることを忘れないでください。

 

 

 

また、間違った方法でやると、
鼻の粘膜を傷つけてしまうおそれがあるので、
実行の際は気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

注意すべき点としては、以下の点です。

 

 

 

  • 生理食塩水を使う。
  • 水道水や塩素が入った水で洗わない。

 

 

 

水に関しては綺麗な浄水、もしくはミネラルウォーターをつかうようにして、
生理食塩水の濃度は、鼻水のしょっぱさと同じくらいの濃度に調整。

 

 

 

これくらいの濃度であれば、
生理食塩水といえども鼻の粘膜を傷めません。

 

 

 

生理食塩水のつくり方。

 

 

 

生理食塩水は薬局でも販売されていますが、
わざわざ買わなくても自分で作ることができます。

 

 

 

1リットルの水に8〜9gの塩を入れて、
よくかき混ぜてください。

 

 

 

 

 

 

 

温度もできればぬるいくらいがちょうどいいです。
常温でも構いませんが、冷たすぎると刺激が強すぎることがあります。

 

 

 

塩を溶かす際に水道水を使うと、
微量の塩素が入っているので刺激が残ります。

 

 

 

でも、ミネラルウォーターであれば、
負担を最小限に抑えることができるのでオススメです。

 

 

 

以上が、溶連菌感染症を防ぐ鼻うがいの方法と注意点でした!

 

 

 

ただ、鼻うがいが苦手だとか、嫌だという方は、
普通のうがいや、のどミストなどを使った対策だけでも
十分に溶連菌感染症を予防することはできます。

 

 

 

そっちで実践して見たいという方は以下の記事をどうぞ。

 

 

 

のどミストで溶連菌の喉の痛みを解消!

 

 

 

溶連菌を撃退!加湿器のススメ!

 

 

 

溶連菌を防ぐうがいと手洗いの基本