運動不足を改善して免疫力を上げるミニ工夫

スポンサードリンク

運動不足を改善して免疫力を上げるミニ工夫

大人になると、中々子供と違って運動する時間をとることができず、
運動不足で免疫力が下がり、溶連菌にかかってしまう原因になったりします。

 

 

 

運動不足を改善して免疫力を上げると聞くと、
ものすごい運動が必要なイメージがありますが、
じつはそこまで運動しなくても、免疫力を上げることはできます。

 

 

 

運動不足にはウォーキング?

 

 

 

確かに健康を維持することを考えるのであれば、ウォーキングはいい考えです。
15分や30分など、個人にあった時間でウォーキングを行い、
運動不足を解消していくというわけですね。

 

 

 

ウォーキングはジョギングに比べて体への負担も軽いため、
今まで運動したことがない人でも比較的楽に始めることができます。

 

 

 

ジョギングだといきなり始めたら筋肉痛を引き起こしてしまいかねません。

 

 

 

 

 

 

 

毎日ウォーキングできれば過度の筋肉痛を避け、運動不足解消だけでなく、
規則正しい生活も手に入れることができて一石二鳥です。

 

 

 

でも、それでも時間がないという人には、どういった方法がいいでしょうか?

 

 

 

生活の中で取り入れるちょっとした運動

 

 

 

ウォーキングもダメという方であれば、
普段の生活の中に運動を取り入れてみてください。

 

 

 

例えば通勤や社内移動など、大人になったら増える事の中でも、
充分運動する機会を増やすことができます。

 

 

 

それこそ、エレベーターを利用せずに階段で行ったり、
エスカレーターを使わないなどといった感じのちょっとした工夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、普段から仕事が忙しくて動き回っている人は、
10000〜15000歩は歩いていますから、
運動不足にはそうならないんですけどね。

 

 

 

それでも運動不足を感じているのであれば、
自分なりに工夫をとりいれてみてもいいかもしれません。

 

 

 

特に階段は、足腰も鍛えることができますので、非常にオススメです。

 

 

 

下半身の方に免疫力を機能させる要素が集まっていますから、
下半身の筋肉を鍛えると、それだけで新陳代謝が促されて、
体に溜まった悪いものを取り除いていくことができます。

 

 

 

ちょっとした工夫ですが、こういった小さいことの積み重ねが、
溶連菌感染症にかからない免疫力の強さを作り上げ、
大人になっても健康な状態で出社できる習慣を作り上げることができます。

 

 

 

大人になるとどうしても避けたいのは溶連菌感染症などの病気による欠勤です。

 

 

 

感染症関連は間違いなく強制的に休まされるよう促されますから、
かかってしまったら会社を数日は休まなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

会社を休んでしまったら給料も下がりますし、
上司からの査定にも響きます。

 

 

 

大人になってから溶連菌感染症にかかることで失うものは非常に大きいので、
子供と違ってそれ以上の体調管理能力と習慣づくりが求められます。

 

 

 

他にも、1日5分足らずで行える運動方法がありますので、
運動不足で体がだるかったり、疲労感がたまって、風邪も引きやすいと
感じておられるのであれば、こちらも参考にするといいですよ!

 

 

 

1日5分で免疫力を挙げられる超簡単運動法!