G群溶連菌感染症の症状と治し方

スポンサードリンク

G群溶連菌感染症とは?

G群溶連菌感染症は、数あるタイプの溶連菌感染症の中でも
希な病気で、発症するケースは非常に少ないです。
でも、かかるとめっちゃ大変な病気。

 

 

 

 

 

 

 

主に高齢者や元々なんらかの疾患を持っていた方を中心に
増えてきたようですが、やはり免疫力が低下すると発症するようです。
当サイトでは溶連菌対策として免疫療法を取り入れていますが、やっぱ大事ですね。

 

 

 

G群溶連菌感染症の症状は以下になります。

 

 

 

  • 腫脹
  • 疼痛
  • 発熱
  • 潰瘍
  • 握雪感
  • 皮膚の壊死
  • 手足の壊死

 

 

 

A群溶連菌感染症やB群溶連菌感染症と違い、
腫瘍関連の症状が多く感じられます。

 

 

 

G群溶連菌感染症にかかると、膿ができるということでしょうか?
なんかやばい気がしてきました・・・。

 

 

 

G群溶連菌感染症で皮膚が死ぬ?!

 

 

 

上記のG群溶連菌感染症の症状のとおり、
とにかく膿による症状が多いのがわかります。

 

 

 

膿ができているということは、皮膚の組織が死んでいるということ。
放っておくと切断しなければならない事態に陥ります。

 

 

 

 

 

 

 

実は、G群溶連菌感染症は壊死性筋膜炎と合併し、
皮膚の組織を破壊して殺してしまう能力があったのです。

 

 

 

同じく、壊死性のA群溶連菌感染症がありますが、
こちらはG群溶連菌とはまた少し違ったタイプの
感染症になります。

 

 

 

もちろん、壊死性なので、四肢の切断につながる恐れがあることには
変わりありませんが、似ていてもその違いを見分けることが、
無事に完治でき、手足を切らずに済むポイントになります。

 

 

 

A群溶連菌感染症についてはこちら!

 

 

 

人喰いバクテリア!A群溶連菌感染症の治療法! 

 

 

 

G群溶連菌感染症の治し方

 

 

 

G群溶連菌感染症は基本的に病院での治療になります。
いや、むしろ病院のほうがいいです。

 

 

 

腫瘍の摘出とか、悪臭がきつくて自宅で療養とか絶対に無理。
最悪切断する対策も取らないといけないため、
G群溶連菌感染症の治療は困難を極めます。

 

 

 

 

 

 

 

病院での薬の投与には、メロペネム・クリンダマイシン・ベンジルペニシリンカリウム
などが使用され、炎症や発熱を抑えながら治していくことが多いです。

 

 

 

もしあなたがG群溶連菌感染症にかかった際、事前に糖尿病などの
病気にかかってしまっていた場合、より重篤な症状になる可能性が高いので、

 

 

 

なにか疾患を持っていた場合は、
時間がかかってもいいのでしっかり治すようにしてください。

 

 

 

若くでG群溶連菌感染症にかかって、右足切断とかになったら
本当に洒落になりませんからね。( ̄◇ ̄;)