C群溶連菌感染症の症状と治し方

スポンサードリンク

C群溶連菌感染症とは?

1987年にアメリカで発症して以来、
症例が出始めた溶連菌感染症で、
短時間でショックや多臓器不全に陥る恐ろしい病気です。

 

 

 

致死率も40%とかなり高く、子供が発症してしまった場合は
高確率で死に至るとされます。

 

 

 

症状は以下のようになります。

 

 

 

  • 発熱
  • 脱力感
  • ショック症状
  • 多臓器不全
  • 敗血症ショック

 

 

 

 

希な病気ではありますが、既住歴のある方などは
特に、免疫抵抗が下がらないように注意しましょう。

 

 

 

C群溶連菌感染症の治し方

 

 

 

もうここまで来ると治し方というレベルではないかもですが、
病院で治療を受けてください。

 

 

 

症例の中に、発熱と咳、下肢脱力などで入院し、
C群溶連菌感染症と後日診断されたケースがありますが、
ささいな症状で始まった段階で油断せずに診断を受けるようにしてください。

 

 

 

それがC群溶連菌感染症でなくてもです。

 

 

 

ただの風邪と診断されたのであれば、「よかった」と思うべきでしょう。
死亡率40%なんて相当高いですから、もはや天に願うしかないってレベル。
免疫力が下がってきたと感じている方は特に気をつけてください。

 

 

 

一応薬の投与では、以下の薬がよく使用されます。

 

 

■薬

  • γグロブリン製剤
  • カテコラミン
  • AT3製剤
  • クリンダマイシン

 

 

 

参考までに。