アモキシシリンによる溶連菌感染症の治療!

スポンサードリンク

アモキシシリンによる溶連菌感染症の治療!

溶連菌感染症の中でもA群溶連菌感染症は、
咽頭炎や扁桃炎、猩紅熱(しょうこうねつ)が主な症状ですが、
たまに劇症型といって重症化するケースがあります。

 

 

 

通常であれば、ペニシリンやセフェム系抗菌薬投与による治療がセオリーではありますが、

 

 

 

ペニシリン系であるアモキシシリンによって、
溶連菌感染症が改善したという情報がありましたので、
そんなアモキシシリンについて紹介しておきたいと思います。

 

 

 

アモキシシリンの溶連菌に対する効果とは?

 

 

 

アモキシシリンとは、略称で「AMPC」とも呼ばれ、
溶連菌などの細菌による感染症の治療によく使われる薬になります。

 

 

 

腸からの吸収性が高いため、
経口投与で用いられることが多いです。

 

 

 

溶連菌感染とともに起こりやすい合併症に対する治療という意味で言えば、
扁桃炎・咽頭炎・中耳炎・敗血症・リンパ節炎の治療に効果的です。

 

 

 

この度は、溶連菌感染症に効果があるということですが、
これが発見されたのは結構最近の話です。

 

 

 

研究結果としては出ているようですが、効果が期待できる範囲は中程度で、
効果が期待できない、効かない場合も可能性として少しあったりします。

 

 

 

小児用のドライシロップにも使用されていたりしますので、
子供が喉の痛みなどを訴えるようになったら、
アモキシシリンが入ったものを使用するといいでしょう。

 

 

 

アモキシシリンの副作用

 

 

 

副作用は、あるにはありますが、
同じペニシリン系であるアモキシシリンよりも、弱くしてあります。

 

 

 

実際に副作用が起こる場合は、
吐き気や極度の疲れ、下痢、腹痛、発疹、食欲不振などがあります。

 

 

 

また、過去にセフェム系抗生物質で過敏症を引き起こしたことがある人や、
ペニシリンで副作用を経験したことがある人、

 

 

 

アレルギー性疾患持ち、妊婦、腎機能に障害がある人の場合は、
副作用がでやすかったりしますので使用は控えるようにしてください。