十分な睡眠が溶連菌感染症予防につながる理由

スポンサードリンク

十分な睡眠が溶連菌感染症予防につながる理由

溶連菌感染症の予防方法は色々ありますが、
中でも睡眠を十分にとることは非常に重要なポイントになります。

 

 

 

なぜ、睡眠を十分にとる必要があるのかというと、
簡単に言ってしまえば、体が溶連菌などの病原菌と戦うために
準備をする必要があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

僕たちが眠くなったりするのは、白血球が免疫物質を分泌するからだとされていますが、
ここでしっかり睡眠をとることで、体の免疫機能は溶連菌などの菌の退治に専念でき、
より健康な体を作り出すことができるのです。

 

 

 

だから、十分な睡眠は必ず必要になりますし、
十分な睡眠が取れていない場合、自律神経が乱れて、
免疫力が低下して溶連菌に感染するだけでなく、
様々な病気にかかる可能性が出てくる恐れがあります。

 

 

 

免疫力と溶連菌感染症との関係については、以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌と大人の免疫力との関連性 

 

 

 

睡眠を妨害する5つの基本原因!

 

 

 

睡眠を邪魔する基本的な原因は、以下の5つです。

 

 

 

  • ストレス
  • 心の病
  • 身体的疾患
  • 薬理学的原因
  • 生活リズムの変化

 

 

 

それでは順番ずつ解説していきましょう。

 

 

 

ストレス

 

 

 

ストレスは過剰になると、溶連菌感染症にかかりやすくなります。

 

 

 

病は気からといいますが、本当にその通りで、
ストレスが過剰にかかり続けると、睡眠がうまく取れなくなったり、
そこから免疫力が低下し、様々な病気にかかる恐れがあります。

 

 

 

 

 

 

 

もし何かストレスを抱える要因がわかっているのであれば、
抱え込まずに誰かに相談したりするなど、
気持ちを吐き出す機会を自分で作っていくことが重要になります。

 

 

 

心の病

 

 

 

抑うつや不安など、長期にわたって治療が必要な心の病は、
しっかりとカウンセリングを受けて、通院しながら専用の薬剤で少しずつ
治療していくことが重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

抑うつなんかは進行すると睡眠障害を起こし、例えば会社のことを思い出して、
行くのが嫌で寝むれないなどの症状が出ます。

 

 

 

僕も抑うつになったことがありますが、
このときはレクサプロなどの薬で対処していきました。

 

 

 

身体的疾患

 

 

 

布団に入って寝るときに、布団の中でこもった熱などでかゆみを
引き起こすアトピーや温熱蕁麻疹などの皮膚疾患がひどくて、
かゆくて寝れないということがあります。

 

 

 

これは経験している人でないとわかりませんが、
布団の熱で皮膚がチクチクし始め、次第にかゆみを増して
寝る暇すらないくらい悪化します。

 

 

 

僕の場合はコリン性蕁麻疹という病気に悩まされていましたが、
これも熱くて汗をかくときに起こる病気なので、寝るときは本当に辛かったです。

 

 

 

 

 

 

 

この場合、抗ヒスタミン剤によるかゆみの抑制や、
体質レベルでの根本的な治療を行って、
蕁麻疹が出ない体を作っていくことが重要になります。

 

 

 

ちなみに、溶連菌にかかることで皮膚のかゆみが増し、
アトピーが悪化することがあるのですが、それについてはこちら!

 

 

 

溶連菌で悪化するアトピー性皮膚炎とは?

 

 

 

大人でも溶連菌が原因でアトピーが悪化する?! 

 

 

 

薬理学的原因

 

 

 

これは、薬の副作用やカフェインやアルコールなどの成分による作用がそれにあたります。

 

 

 

 

 

 

 

寝る前にコーヒーやアルコールを飲むことは当然ダメですし、
蕁麻疹の治療で、夜にかゆくて寝ることができないからといって、

 

 

 

不眠作用のある薬でかゆみを抑制していても、
それは本末転倒というもので、睡眠をしっかりとるという目的の上では、
全く意味がありません。

 

 

 

なんらかの病気の治療を行っているときは、免疫力低下による溶連菌感染症のリスクを考えて、睡眠に障害を起こさない薬を使いましょう。特に、蕁麻疹やアトピーの治療でステロイドを使うことがありますが、ステロイドは覚醒作用があるので、寝るときは使用しないでください。

 

 

 

溶連菌感染症にかかったときの薬に関しては、こちらでまとめてあります。

 

 

 

大人にも効く!溶連菌感染症を治療する薬まとめ 

 

 

 

生活リズムの変化

 

 

 

夜更かしや時差ぼけなど、生活リズムの大きな変化は、
それに体が慣れてしまうと夜に眠れなくなり、疲れも取れにくくなるばかりか、
睡眠時間がどんどん減って、免疫も落ちていきます。

 

 

 

まずは少しでも眠りにつきやすい環境を整えて、
眠くなくても早めに布団の中に入り、寝るよう努めることが重要です。

 

 

 

このように、睡眠を妨げるものはいっぱいあり、
睡眠が十分にとれなくなるとそれに伴って免疫力がどんどん下がり、
溶連菌感染のリスクを大きく上げることになってしまいます。

 

 

 

また、睡眠だけでなく、他の生活習慣も改めなくては、免疫力が下がり、
どこかのタイミングで溶連菌感染症やインフルなどにかかる恐れがあります。

 

 

 

睡眠以外の溶連菌を防ぐ生活習慣の作り方について知りたい方は以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌を防ぐうがいと手洗いの基本
 
 
 
溶連菌感染を予防する免疫力向上のための4つの習慣
 
 
 
お酒と喫煙は免疫力を下げて溶連菌に感染しやすくなる? 

 

 

 

関連ページ

スマホやPCのやりすぎは睡眠を邪魔して免疫力を低下させる!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
睡眠の邪魔をして免疫力低下の原因になる食べ物まとめ!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
睡眠を促進させて免疫力を向上させる食べ物まとめ!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
よく寝て免疫力向上!寝る前にやるべき5つの行動!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。