スマホやPCのやりすぎは睡眠を邪魔して免疫力を低下させる!

スポンサードリンク

スマホやPCのやりすぎは睡眠を邪魔して免疫力を低下させる!

スマホやPCは、今なら誰でも持っていますし、
特にスマホに至ってはどこにいても、いつでもインターネットを
楽しむことができる環境を提供しています。

 

 

 

これは何か調べたいときなんかには非常に便利なのですが、
この便利さゆえに、体の免疫力を低下させる大きな原因に
なっていることはご存知でしたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

実は、スマホに熱中する人の多い若い年齢層ほど
今回のテーマは真摯に受け止めてほしいと思っていて、
このままだと睡眠障害がひどくなり、免疫力が低下して
溶連菌感染症などの病気にかかりやすくなります。

 

 

 

なぜスマホやPCが溶連菌感染症につながるのかを解説しましょう。

 

 

 

免疫力と溶連菌の関連性と、睡眠との関連性についてはこちら!

 

 

 

溶連菌と大人の免疫力との関連性
 
 
 
十分な睡眠が溶連菌感染症予防につながる理由 

 

 

スマホやPCが免疫力を低下させてしまう理由とは?

スマホやPCが免疫力を低下させ、溶連菌感染症にかかりやすくなってしまう理由としては、
スマホの画面から発せられるブルーライトが挙げられます。

 

 

 

ブルーライトとは、スマホやPCの画面から発せられる非常に強い光線で、
目にあたるととても強い刺激になってあたりすぎると
今話題のスマホ老眼や眼精疲労などの眼疾患を引き起こしてしまう
原因として問題視されています。

 

 

 

 

 

 

 

スマホ老眼について知りたい方はこちらをどうぞ!

 

 

 

スマホ老眼治療の専門サイト!

 

 

 

このブルーライトは、実はスマホやPCだけでなく、
僕たちが普段何気なく見ている大空にも含まれていて、
太陽の光が青く見えるのは、そのブルーライトが散乱しているからです。

 

 

 

このブルーライトを浴びると、体全体が覚醒モードに移行し、
活動を開始して1日に必要な態勢を準備し備えます。

 

 

 

朝起きたあとに太陽の光を浴びると目が覚めるのはこのためで、
中々布団から出られなくて悩んでいるという方には、太陽の光を浴びて、
体を覚醒状態に無理やり持っていくことをおススメします。

 

 

 

しかし、普段自然界から取り入れるブルーライトは問題ないのですが、
スマホなどのブルーライトは非常に問題です。

 

 

 

なぜなら、この光を夜遅くにも浴び続けているからです。

 

 

 

寝ていてもスマホ、起きていてもスマホ!

 

 

 

 

 

 

 

今の若い人たちなどは、夜遅くになってもスマホをいじることを止めずに、
ずっとブルーライトを浴び続けているからです。

 

 

 

この状態がずっと続くと、睡眠障害につながって、
体がブルーライトに反応して覚醒しているため、
中々眠りにつくことができなくなります。

 

 

 

そうなると、夜寝ている間に体が、内側に潜む溶連菌などの
病原菌を倒す態勢をとることができず、ずっと体全体に気を配らないといけなくなりますから、
どんどん免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなるのです。

どうしてもスマホやPCをいじる場合は?

それでも、どうしてもスマホやPCを使用しないといけない場面が出てくると思います。
その場合、必ず以下のアイテムは使用するようにしてください。

 

 

 

  • PC眼鏡
  • ブルーライトカットフィルム

 

 

 

この2つを使用するだけでも、スマホやPCによる目の疲れや、
ブルーライトを浴びる量が大きく違ってきますので、多少夜遅くまで使用していても、
睡眠障害にはなりにくくなります。

 

 

 

でも、いくら大丈夫だからといっても、
必ず12時までには寝るようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

寝る時間が遅くなればなるほど、
体内の白血球が病原菌を退治するのに専念するのが遅れますから、
少なくとも12時には寝て、6時間〜7時間は睡眠時間を確保することが重要です。

 

 

 

特に、寝てからの3時間はゴールデンタイムとも言われ、
熟睡して快適な眠りを実感できる時間は、眠りに入ってからのわずか3時間だけなのです。

 

 

 

この3時間の間に、体が体調を整えるよう働きかけていきます。

 

 

 

あなたも、最近寝るのが襲いと感じているようであれば、
今日から少しずつでいいので、まずは12時までには寝ることを目標にがんばってください。

 

 

 

しばらく続けていれば、疲れが取れてスッキリした気分が続き、
体の調子の違いが全然違ってくることに驚きを隠せなくなるでしょう。

 

 

 

関連ページ

十分な睡眠が溶連菌感染症予防につながる理由
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
睡眠の邪魔をして免疫力低下の原因になる食べ物まとめ!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
睡眠を促進させて免疫力を向上させる食べ物まとめ!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
よく寝て免疫力向上!寝る前にやるべき5つの行動!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。