よく寝て免疫力向上!寝る前にやるべき5つの行動!

スポンサードリンク

よく寝て免疫力向上!寝る前にやるべき5つの行動!

睡眠を促進させて、免疫力を上げて溶連菌感染症を予防することは重要ですが、
今回は生活習慣に沿って、寝る前にどういった行動をすれば睡眠を促進できるのかを、
僕の経験も含めて述べていきたいと思います。

 

 

 

僕個人的にもおススメな方法は以下の5つです。

 

 

 

  • 真っ暗にしてから寝る。
  • 耳栓をする。
  • 寝る前にスマホはやらない。
  • お風呂に入ったら乳製品を摂取する。
  • アロマを使って睡眠を促進させる。

 

 

 

それでは順番ずつ解説していきましょう。

 

 

 

真っ暗にしてから寝る。

 

 

 

これがかなり重要です。

 

 

 

真っ暗にして寝ずに、電気がついた状態で寝ると、
全くといっていいほど気持ちのいい睡眠はできません。

 

 

 

なんか体が半分起きているような中途半端な睡眠が続き、
逆に起きたときの体の倦怠感がひどくなったりして逆効果となることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

特に家の電気でも、真っ白な電気なんかは、ブルーライトを含んでいて、
ブルーライトを浴びることで体が覚めてしまい、目が起きてしまいます。

 

 

 

なので、寝るときは必ず真っ暗にして寝ましょう。
睡眠で悩んでいる方であればなおさらです。

 

 

 

また、ブルーライトはスマホやPC画面からも発せられ、今ではそれが原因による
スマホ老眼という眼疾患が流行っています。

 

 

 

耳栓をする。

 

 

 

もし周りの音がうるさくて寝ることができない場合は、
耳栓をして寝ることをおススメします。

 

 

 

 

 

 

 

耳栓してたら目覚ましに気がつかないじゃないかと思う方は、
バイブにしておいて足の裏とかに貼り付けておくなどしておくと、
絶対に目が覚めます。

 

 

 

それがいやであれば、家族に頼んで起こしてもらうとかしてください。

 

 

 

音が気になって寝れないほうがよくありませんので、
睡眠を第一に優先しましょう。

 

 

 

それに規則正しく生活していれば、
体が起きるタイミングも定着して、目覚ましなしでも起きることができますので、
しばらくはこの方法で周りの音を遮った状態で寝ることを試して見ましょう。

 

 

 

寝る前にスマホはやらない。

 

 

 

寝る前のスマホやPCは、睡眠改善の上ではご法度です。

 

 

 

スマホやPC画面から発せられるブルーライトは、
体を覚めさせて、眠気を取ってしまいます。

 

 

 

これによって気持ちよく寝ることができず、
目をつむって寝てはいるけど体は起きているという中途半端な状態が続いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

当然体自体は眠っていませんから、疲れも当然取れませんし、
溶連菌などの病原菌を白血球が専念して倒してくれるといったこともできません。

 

 

 

スマホやPCが溶連菌感染症と関わりがあることは、
以下の記事で解説していますので、良かったら参考にしてください。

 

 

 

スマホやPCのやりすぎは睡眠を邪魔して免疫力を低下させる!

 

 

 

お風呂に入ったら乳製品を摂取する。

 

 

 

気持ちいい睡眠をするためには、体内でセロトニンやメラトニンなどの
睡眠ホルモンが分泌される必要があるのですが、
そのためにはトリプトファンという栄養が重要です。

 

 

 

このトリプトファンが材料となってメラトニンやセロトニンが生成されるため、
トリプトファンを摂取しない限り、うまく睡眠ホルモンが分泌されません。

 

 

 

しかもトリプトファンは体内で生成できないため、
食べ物から摂取するしかありませんので、どういう食べ物を食べればいいのかを
意識する必要があります。

 

 

 

そこで寝る前におススメしたいのが、お風呂に入ったあとの牛乳や、
チーズなどの乳製品を摂取することです。

 

 

 

 

 

 

 

食べすぎは良くありませんが、どちらも豊富なトリプトファンを含んでいますので、
夜の8時か9時くらいにお風呂に入って、上がった後に摂取して
10時〜11時くらいに寝ることができればベスト!

 

 

 

ばっちり睡眠ホルモンが分泌されて、ぐっすり寝て疲れを取り、
体の中の悪い菌を白血球に任せて退治してもらい、健康な体の環境を整えることができます。

 

 

 

トリプトファンを含む食べ物については、以下の記事で紹介していますので良かったらどうぞ。

 

 

 

睡眠を促進させて免疫力を向上させる食べ物まとめ!

 

 

 

アロマを使って睡眠を促進させる。

 

 

 

枕元にアロマを炊いて寝るのもおススメです。

 

 

 

特にラベンダーなどの定番アロマは当たり外れがありませんので、
初心者にはおススメ!

 

 

 

 

 

 

 

意外と香りって大事で、周りがくさい環境だと
正直ぐっすり寝ることなんてできません。

 

 

 

絶対に途中で匂いに気がついて目が覚めてしまいます。

 

 

 

なので、アロマも一つの選択肢として考えておいてください。
睡眠を促進してくれるアロマについては、以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

■睡眠を促進させて溶連菌予防につながるアロマまとめ!

 

 

 

以上です。ありがとうございました!

関連ページ

十分な睡眠が溶連菌感染症予防につながる理由
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
スマホやPCのやりすぎは睡眠を邪魔して免疫力を低下させる!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
睡眠の邪魔をして免疫力低下の原因になる食べ物まとめ!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。
睡眠を促進させて免疫力を向上させる食べ物まとめ!
溶連菌の感染と免疫力の低下などは、大きく関係しております。この免疫力と密接に関わっているのが、睡眠!この睡眠を工夫するだけで、溶連菌に対抗できる体作りが可能になります。