怪我をしたら溶連菌に感染?!原因と対策!

スポンサードリンク

怪我をしたら溶連菌に感染?!原因と対策!

よく怪我をしたら消毒しなさいといわれたりすると思いますが、
それは子供のときであればあるほど、耳にたこができるくらい言われたと思います。

 

 

 

でもそれは、子供の免疫力の弱さから、
感染症の発症を防ぐために親が気遣って言ってくれていた言葉だったのです。

 

 

 

実は、傷口をそのままにしておくと菌が感染して、傷口が膿むだけでなく、
そこから体内に入り込んで様々な悪さを働くことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

その一つが溶連菌感染症です。

 

 

 

溶連菌は飛まつ感染で、口からしか入り込んでこないと思いがちですが、
普通に皮膚のちょっとした傷口からも侵入してきます。

 

 

 

溶連菌といえば、普段から僕たちの体に棲みついている常在菌で、
いつもは無害なのですが、その溶連菌に引っ付いている細菌が突然変異で強い病原性を表し、
咽頭炎や発熱、発疹、皮膚の壊死などといった溶連菌感染症を引き起こしてしまいます。

 

 

 

その溶連菌感染症が広がっていってしまう原因はいったいなんでしょうか?

 

 

 

溶連菌が傷口から入り込むタイミングとは?

 

 

 

傷口を消毒せずにそのままにしておくことで、感染してしまうケースとして多いのは、以下のようなシチュエーションです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 転んで擦り傷を負ったとき
  • 草や紙などで切り傷を負ったとき。
  • アトピー症状がひどいとき。
  • 引っかき傷がひどいとき。

 

 

 

以上のようなシチュエーションでは本当に要注意で、
特に感染症が多い夏季などでは、空気感染もしやすく、
肌を露出する季節なので気をつけなくてはいけません。

 

 

 

溶連菌ではありませんが、実際にこの手の感染症で、
傷を治療しないまま海水浴をしてそのまま感染して死亡したり、

 

 

 

釣りをしていて、その釣り針が皮膚に引っかかってチョコッと怪我をしただけで、
その傷口に病原菌が入り込み、皮膚の壊死などが進んだり発熱が起こったりして、
死に至るケースもあります。

 

 

 

特に、赤ちゃんや幼少期の子供は、免疫力が低いのでアトピーにかかりやすく、
皮膚を?いたりして傷つけて、出血することが非常に多いので、
溶連菌感染症にかかる恰好の的となります。

 

 

 

そうなると、溶連菌感染症では、A群溶連菌感染症タイプにかかると発疹などが起こり、
皮膚にかゆみなども帯びるため、一層皮膚を引っ?いて傷口を広げてしまい、
さらに溶連菌などの病原菌に感染するリスクを上げてしまうという悪循環に陥ります。

 

 

 

A群溶連菌感染症についてはこちら!

 

 

 

人喰いバクテリア!A群溶連菌感染症の治療法! 

 

 

 

もし溶連菌感染症が原因でアトピーが悪化したときの対処法がわからない場合や、
アトピーそのものの治療の仕方がわからない場合は以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌で悪化するアトピー性皮膚炎とは?

 

 

 

大人でも溶連菌が原因でアトピーが悪化する?!

 

 

 

溶連菌で悪化したアトピーを治療するスキンケアの基本!

 

 

怪我をして溶連菌にかからないための対策とは?

怪我をしたときに溶連菌に感染しないための方法としては、
まずはしっかり消毒をしたあとに絆創膏などを貼って外部から菌が入り込まないようにし、

 

 

 

かさぶたができて回復の兆しが見えるまで、
怪我にしみるような入浴などの行為は控えることが重要です。

 

 

 

特に菌が繁殖しやすい夏の季節は意識して取り組むようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

大人の方でも、免疫力が弱っていたらちょっとした気の緩みで、
そういったときに感染してしまいますので、油断せずに対策しておいてください。

 

 

 

子供を外で遊ばせることが多いご家庭では、
子供が家に帰ってきたときにその状態をしっかり見て、
怪我をしてないか気にかけてあげてください。

 

 

 

これだけでも、溶連菌だけでなく、様々な感染症の感染の予防に役立ちます。

 

 

 

また、子供の免疫力を上げて溶連菌感染症の感染を予防したいという方は、
以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

溶連菌感染を予防する免疫力向上のための4つの習慣

 

 

 

室内と室外の温度差で免疫力が低下する時の対策

 

 

 

免疫力を高めるため大人も発酵食品を食べよう!