溶連菌と蜂窩織炎

スポンサードリンク

溶連菌と蜂窩織炎について

溶連菌感染症の合併症の一つに蜂窩織炎(ほうかしきえん)があります。
口の中や皮膚が蜂に刺されたように腫れあがり、やがては壊死してしまう恐ろしい病気です。

 

 

 

もし口にできてしまった場合、腫れがひどくなると呼吸する道をふさいでしまい、
呼吸困難となって死に至るケースもあるので、注意が必要です。

 

 

 

免疫力が低下している大人や、赤ちゃんが溶連菌などの細菌に
かかったときに合併症として発症することがあります。

 

 

溶連菌と蜂窩織炎記事一覧

溶連菌が引き起こす蜂窩織炎とは?

蜂窩織炎とは別名『蜂巣炎(ほうそうえん)』とも呼ばれ、その名のとおり、症状を起こした組織を顕微鏡でのぞくと蜂の巣の仕切りのような形状をしていることから、このような名前がつけられました。しばしば溶連菌感染症にかかったときに一緒に発症することがアル皮膚病の一つで、赤み・痛み・腫れが起こり、稀に高熱を起こ...

≫続きを読む

 

溶連菌が原因で起こる口腔底蜂窩織炎の予防と治療

溶連菌感染症によって併発することがある病気の一つに、蜂窩織炎があります。この病気は、傷口に直接細菌が入り込んで、皮膚の層の奥深くにまで入り込んで炎症を起こし、組織の壊死などを引き起こす恐ろしい皮膚炎で、稀に死に至るケースもあります。蜂窩織炎については、以下の記事で概要を解説していますので、まだご存知...

≫続きを読む

 

口腔底蜂窩織炎は歯の病気で感染する?!

溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などの細菌によって引き起こされる口の中で炎症を起こす口腔底蜂窩織炎ですが、実は口腔底蜂窩織炎の原因の多くは、溶連菌に加えて、なんと歯の病気も原因の一つだったことをご存知でしょうか?実は大人で口腔底蜂窩織炎を発症する人の多くは、何らかの歯の病気にかかっていることが多いのです...

≫続きを読む

 

溶連菌による蜂窩織炎を漢方で治療!

溶連菌感染によって起こる皮膚病の一つ、蜂窩織炎(ほうかしきえん)ですが、毛穴や傷口から感染して、皮膚の奥深くで炎症を起こし、腫脹や高熱、疼痛、熱感、潰瘍化などが見られ、日常生活に支障をきたすレベルで患者を悩ませます。また、口の中にできる口腔底蜂窩織炎(こうくうていほうかしきえん)は、腫脹が肥大化して...

≫続きを読む

 

溶連菌による蜂窩織炎より恐ろしい病気『壊死性筋膜炎』とは?

溶連菌の合併症の一つに蜂窩織炎(ほうかしきえん)と呼ばれる、皮膚の奥深くである真皮レベルで炎症を起こし、皮膚が腫れあがって痛みや高熱などを引き起こす病気がありますが、これが悪化するとさらに悪い病気になって事態を悪化させていきます。蜂窩織炎について知らないという方はこちら。溶連菌が引き起こす蜂窩織炎と...

≫続きを読む