溶連菌による合併症『結膜炎』ってどんな病気?

スポンサードリンク

溶連菌による合併症『結膜炎』ってどんな病気?

溶連菌感染症には様々なタイプがあり、A群・B群・C群などのように分かれていますが、
同じように溶連菌に感染することで引き起こされる合併症にも様々なパターンが存在します。

 

 

 

 

 

 

その一つが、結膜炎です。結膜炎は目の病気になるのですが、
いったいどんな病気なのか見ていきましょう。

 

 

 

とその前に、まずは目のパーツ「結膜」とはどういうものなのかを解説します。

 

 

結膜ってなに?

結膜とは、簡単に言ってしまえば、目の白目とまぶたの裏側にある赤い粘膜部分を指します。

 

 

 

白目の部分を「球結膜」、赤い粘膜部分を「瞼結膜」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

結膜が存在する意味としては、常に粘液を発することで目の表面を潤し、
細菌やウイルスから目を守るために存在しています。

 

 

 

よくある眼病であるドライアイにならないためにも、
この結膜というのは重要な働きをしているといえるでしょう。

 

 

 

この結膜では、出血や充血といった所見がみられることがありますが、
溶連菌感染症にかかった場合、充血性の結膜炎になることが多く、
これを感染性結膜炎と呼んだりします。

 

 

 

 

 

 

 

この充血は、球結膜の血管を流れる血液の量が多くなり、
血管が太くなって吹き出ている状態です。

 

 

 

この充血の状態には2パターンあり、
充血の程度が角膜から離れるほどひどくなる結膜充血と、

 

 

 

角膜の周りの充血がひどくなり、
角膜から離れれば離れるほど症状が弱くなる毛様充血があります。

 

 

結膜炎ってなに?

溶連菌感染症にかかると合併症として度々起こることがある結膜炎ですが、
先ほども言ったように、簡単に言えば目の中の赤い粘膜が炎症を起こす病気のことです。

 

 

 

結膜炎は、溶連菌感染症などのような細菌に感染することで起こる感染性と、
そういったところに原因があるのではなく、
物理的なものなどが原因で起こる非感染性に分かれます。

 

 

 

 

 

 

 

自覚症状としては、以下のようなものがあります。

 

 

 

    ■自覚症状

  • 眼脂
  • かゆみ
  • 流涙
  • 異物感
  • ゴロゴロする

 

 

 

このうち、かゆみについては、アレルギー性の結膜炎によって引き起こされます。

 

 

 

例えばハウスダストなどによる結膜炎が代表的です。

 

 

 

眼脂に関しては、結膜の分泌物で、結膜炎時には涙液、
脱落した角膜上皮、異物などが含まれています。

 

 

 

溶連菌が原因で起こった感染性の結膜炎の場合、
発症から時間がたてばたつほど眼脂の量は少なくなり、
性質も膿性、粘液性、線維素性と、より水っぽく透明な眼脂に変化していきます。

 

 

 

流涙は感染性でも非感染性でも両方でみられ、
炎症の度合いに合わせて涙液の分泌は変わってきます。

 

 

 

異物感においては、角膜上皮の障害や多数の結膜にできた出来物が、
まばたきの際に角膜に接触することなどにより生じます。

 

 

医者から見た結膜炎の症状

医者に診てもらうことで初めてわかる症状(他覚症状)もあります。

 

 

 

例えば、以下のような症状は、
医者から診てもらうことで初めてわかることが多い症状です。

 

 

 

■他覚症状

  • 腫脹
  • 浮腫
  • 出血
  • 濾胞
  • 充血
  • できもの

 

 

 

特に、溶連菌感染によるものなど、感染性の結膜炎では、
できものや充血、浮腫などが多く見られます。

 

 

 

このように、結膜炎という病気は成り立っています。

 

 

 

でも実は、結膜炎自体にも色々な種類があり、
溶連菌のような細菌による感染性の結膜炎ならではの種類というものが存在します。

 

 

 

それについてさらに結膜炎のその他の種類も含めて詳しく知りたい方は、
以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

■結膜炎には5種類あった!溶連菌タイプの結膜炎はどれ?

 

 

関連ページ

結膜炎には5種類あった!溶連菌タイプの結膜炎はどれ?
溶連菌感染症の合併症の一つに、結膜炎があります。この溶連菌による結膜炎は、大人・子供全般に起こりやすい合併症なので、ぜひともここで対策について知っておきましょう。
溶連菌感染症の合併症『結膜炎』の治療と検査について
溶連菌感染症の合併症の一つに、結膜炎があります。この溶連菌による結膜炎は、大人・子供全般に起こりやすい合併症なので、ぜひともここで対策について知っておきましょう。
結膜炎治療における正しい点眼方法!
溶連菌感染症の合併症の一つに、結膜炎があります。この溶連菌による結膜炎は、大人・子供全般に起こりやすい合併症なので、ぜひともここで対策について知っておきましょう。
細菌性結膜炎の原因となる7つの病原菌とは?
溶連菌感染症の合併症の一つに、結膜炎があります。この溶連菌による結膜炎は、大人・子供全般に起こりやすい合併症なので、ぜひともここで対策について知っておきましょう。
小児から高齢者までの細菌性結膜炎の概要
溶連菌感染症の合併症の一つに、結膜炎があります。この溶連菌による結膜炎は、大人・子供全般に起こりやすい合併症なので、ぜひともここで対策について知っておきましょう。