溶連菌と骨髄炎

スポンサードリンク

溶連菌と骨髄炎について

溶連菌が骨髄の中に入り、そこで増殖すると炎症を起こし、
骨髄炎を引き起こすことがあります。

 

 

 

これは溶連菌感染症にかかっていなくても、
ほんの些細なことで起こります。

 

 

 

それも免疫力が低い子供や、ストレスや疲れで
免疫力が低下している大人ほどかかりやすい傾向にあります。

 

 

 

いったいどんな病気で、どんな関連性があっておこるものなのかを、
各記事で解説していきたいと思います。

 

 

溶連菌と骨髄炎記事一覧

溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』とは?

溶連菌感染症にかかると、様々な合併症を患うことがありますが、中には骨髄炎にかかってしまうケースもあります。溶連菌感染症による骨髄炎は、急性骨髄炎に分類され、一度かかると中々治りません。いわゆる骨髄炎とは、骨に溶連菌などのような細菌が入り込んでしまう、骨の感染症なのです。発熱だけでなく骨に痛みを感じる...

≫続きを読む

 

溶連菌感染による化膿性骨髄炎の治療について

溶連菌感染症の合併症の一つに、『骨髄炎』があり、この病気は骨に細菌が入り込むことで炎症を起こし、疼痛などを伴う病気で治りにくいものとして知られています。骨髄炎についてあまり知らないという方は、まずは以下の記事をどうぞ。溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』とは?この骨髄炎ですが、時には化膿して化膿性骨髄炎と...

≫続きを読む

 

スポーツが原因で溶連菌感染!運動による感染性骨髄炎とは?

溶連菌感染症による合併症の中に骨髄炎がありますが、これは溶連菌感染症にかかってから合併症として発症することもありますし、単に溶連菌が飛まつ感染して、骨髄の外傷に入り込み、そのまま炎症を起こして化膿性骨髄炎になるパターンもあります。化膿性骨髄炎についてはこちらをどうぞ。溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』と...

≫続きを読む

 

溶連菌による化膿性骨髄炎の最新治療「高気圧酸素治療」とは?

溶連菌などの細菌が傷口などから入り込んで血管に侵入し、そのまま骨髄に到達してそこで貯留し、炎症を起こすことで発症する化膿性骨髄炎は、従来より難治性の病気として知られています。化膿性骨髄炎についてはこちら。溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』とは?この化膿性骨髄炎の治療としては、今までは抗菌薬がメインでした...

≫続きを読む

 

高齢者が溶連菌による関節炎や骨髄炎にならないためには?

溶連菌感染症によって、大人でも動くことすら間々ならないくらい辛い状況に陥ることもある化膿性関節炎や化膿性骨髄炎ですが、これは高齢者にこそ気をつけてほしい病気です。化膿性関節炎や化膿性骨髄炎について知りたい方は以下の記事をどうぞ。溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』とは?溶連菌が原因で起こる『化膿性関節炎』...

≫続きを読む