高齢者が溶連菌による関節炎や骨髄炎にならないためには?

スポンサードリンク

高齢者が溶連菌による関節炎や骨髄炎にならないためには?

溶連菌感染症によって、大人でも動くことすら間々ならないくらい
辛い状況に陥ることもある化膿性関節炎や化膿性骨髄炎ですが、
これは高齢者にこそ気をつけてほしい病気です。

 

 

 

化膿性関節炎や化膿性骨髄炎について
知りたい方は以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』とは?

 

 

 

溶連菌が原因で起こる『化膿性関節炎』とは?

 

 

 

高齢者が骨髄炎にならないための3つのポイント!

 

 

 

高齢者は免疫力も低いため、子供と同様溶連菌などの細菌に感染しやすく、
溶連菌感染症だけでなく、関節や骨関連の病気にも非常にかかりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、溶連菌などの細菌による関節炎や骨髄炎を防ぐにはどうすればいいかですが、
以下のポイントに気を使って実践してみてください。

 

 

 

  • 少しでも歩く。
  • 塩分控えめで健康な食事を。
  • 早寝早起きを習慣付ける。

 

 

 

以上の3つとなります。

 

 

 

3つの予防ポイントからわかること

 

 

 

これらに共通することは、
全て免疫力と骨の強化に関わっていることです。

 

 

 

少しでも歩く。

 

 

 

まず、少しでも歩かないといけないのは、
運動しないとどんどん筋肉や骨が衰えていくからです。

 

 

 

 

 

 

 

体も使わなければいらないと判断して、維持する力を失っていきますから、
走ったりスポーツをするなどの激しい運動はともかくとして、
せめて歩くだけでもやってください。

 

 

 

私の祖母は、歩くことを止めてしまったために一気に体が衰えて、
一人で外に出歩くことも困難になりました。

 

 

 

そして先日、ついに骨粗しょう症と診断されて、
背骨が折れてしまっていたのです。

 

 

 

体を少しでも動かせば、それだけでも体の免疫力と体力づくりに貢献し、
溶連菌感染症や感染性の関節炎、骨髄炎を防ぐことができます。

 

 

 

体力を作って簡単に免疫力を上げるための方法は他にもあり、
以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

 

溶連菌を予防する免疫力向上にオススメの運動は?

 

 

 

1日5分で免疫力を挙げられる超簡単運動法!

 

 

 

塩分控えめで健康な食事を。

 

 

 

当然ながら、高齢者になると若者と違って代謝がよくありませんから、
塩分が濃くて脂っこいものは厳禁です。

 

 

 

絶対に食べるなというわけではありませんが、
連日連夜カップラーメンや焼きそば、ファーストフードばかりの生活は、
確実に免疫力を低下させ、寿命を縮めます。

 

 

 

 

 

 

 

また、人工甘味料がたっぷり入ったお菓子や、
ジュースなどを日常的に飲むのも避けましょう。

 

 

 

飲むならお茶や水などが無難です。

 

 

 

あとは野菜と肉をバランスよく食べて、
本来の日本人の食事をしていただければ問題ありません。

 

 

 

ただし、野菜がいいからといって野菜ばかり食べるベジタリアンというものも
体に良くありませんので、勘違いしてやってしまわないように。

 

 

 

 

 

 

 

なぜベジタリアンが体によくないのかについては、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

ベジタリアンは体の免疫力を下げる?!

 

 

 

早寝早起きを習慣付ける。

 

 

 

早寝早起きは、体のリズムを整えて1日の活動をはじめるためにとても重要なことです。

 

 

 

特に高齢者の場合はこの早寝早起きを意識的に行い、
早く起きたら外に出て朝日を浴びながら深呼吸したり、
ラジオ体操したりしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

朝の光は、その日の始まりを体に伝えて、
1日の終わりまで体を活動的にしてくれる働きがありますので、
日光浴は本当におススメです。

 

 

 

特に寝起きがあまりよくないという方ほど実践すると効果を実感できると思います。

 

 

 

どうしても、体を起こすことが辛くて無理という場合は、
今は太陽の光と同等のものを発して、目覚まし時計として活用できるアイテムがあります。

 

 

 

その名も「inti」というのですが、なかなかパチッと目を冷ますことができず、
寝起きが悪いという方に向けて日光に近い光を放出し、
体を覚醒させるための開発された目覚まし時計です。

 

 

 

 

 

 

 

時間になると太陽の光と同等の効果を持つ光が放たれ、
自然と体が覚めて、気持ちよく起きることができるという優れものです。
気になる方はこちらをどうぞ。

 

 

 



 

 

 

以上のポイントを踏まえた上で、高齢者で感染症が怖いという方は、
ぜひ参考にして実践してみてください。

 

 

 

他に免疫力を上げる方法について知りたい方は、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌になりやすくなる免疫力低下の4段階のサイン!

 

 

 

室内と室外の温度差で免疫力が低下する時の対策

 

 

 

防腐剤で免疫力低下?溶連菌予防のために避けるべき食べ物

 

 

 

関連ページ

溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』とは?
溶連菌感染症の合併症の一つに骨髄炎があります。合併症の中でもとりわけ、難治性が高いことで有名ですが、いったいどんな病気でどう対策すればいいのでしょうか?
溶連菌感染による化膿性骨髄炎の治療について
溶連菌感染症の合併症の一つに骨髄炎があります。合併症の中でもとりわけ、難治性が高いことで有名ですが、いったいどんな病気でどう対策すればいいのでしょうか?
スポーツが原因で溶連菌感染!運動による感染性骨髄炎とは?
溶連菌感染症の合併症の一つに骨髄炎があります。合併症の中でもとりわけ、難治性が高いことで有名ですが、いったいどんな病気でどう対策すればいいのでしょうか?
溶連菌による化膿性骨髄炎の最新治療「高気圧酸素治療」とは?
溶連菌感染症の合併症の一つに骨髄炎があります。合併症の中でもとりわけ、難治性が高いことで有名ですが、いったいどんな病気でどう対策すればいいのでしょうか?