溶連菌と関節炎

スポンサードリンク

溶連菌と関節炎について

溶連菌感染症にかかると起こる合併症の一つに、
化膿性関節炎と呼ばれる病気があります。

 

 

 

特に抵抗力の弱い子供に発症する傾向にありますが、
大人でも発症することはあります。

 

 

 

関節付近に溶連菌が入り込み、
そこで繁殖していくことで進行していくタイプの
関節炎で、難治性はきわめて高いです。

 

 

溶連菌と関節炎記事一覧

溶連菌が原因で起こる『化膿性関節炎』とは?

化膿性関節炎は通常の関節炎と比べて起こる可能性は低いですが、悪化すると手術が必要になるほどに大きな病気で、関節部分に膿を形状するのが特徴です。一度かかってしまうと治すのは非常に困難で、長期的な闘病生活になるケースも少なくありません。溶連菌感染症にかかり、今回の記事内容に当てはまる部分があれば、化膿性...

≫続きを読む

 

関節の腫れや痛みは溶連菌が原因かも?

溶連菌感染症は、発症することで特徴的な高熱である猩紅熱や咽頭炎、扁桃炎を起こしますが、それ以外で、一見全く関係のなさそうな合併症を引き起こすことがあります。それがたとえば、骨髄炎や菌血症、結膜炎などです。これらは病気単体として発症するのはもちろんですが、感染症によって合併症として起こることも多いので...

≫続きを読む

 

化膿性関節炎を治す「オゾンナノバブル治療」とは?

溶連菌感染症によって血管内に溶連菌が入り込み、関節などに運ばれて貯留することで炎症を起こしてしまう化膿性関節炎ですが、抗菌薬の治療だけでなく、水を使った治療方法があります。それがオゾンナノバブル水を使った持続洗浄療法というものです。ナノバブル水は、気体をナノバブル化(微細な気泡のこと)し、そこに酸素...

≫続きを読む

 

股関節のその痛み!溶連菌が原因かも?!

溶連菌感染により、化膿性関節炎や化膿性骨髄炎など、体の内部で疼痛や炎症を引き起こし、体の運動に制限をかけてしまう合併症が多くありますが、その中で、なんか体調が良くないときに、股関節が痛む、もしくは痛そうにしていると感じた経験がある方もおられるのではないでしょうか?もしかすると、その股関節の痛み、溶連...

≫続きを読む

 

化膿性関節炎に間違えやすい3つの関節炎とは?

溶連菌などの細菌が傷口などに入り込んで、そのまま血管内に侵入し、関節に送り込まれてそのままそこに貯留して炎症を起こすことで知られる化膿性関節炎ですが、この化膿性関節炎と診断する上で、気をつけてほしい3つの関節炎があります。それがこちら。外傷性関節炎結晶性関節炎関節外の原因による関節痛以上の3つとなり...

≫続きを読む