溶連菌が原因で起こる『化膿性関節炎』とは?

スポンサードリンク

溶連菌が原因で起こる『化膿性関節炎』とは?

化膿性関節炎は通常の関節炎と比べて起こる可能性は低いですが、
悪化すると手術が必要になるほどに大きな病気で、
関節部分に膿を形状するのが特徴です。

 

 

 

一度かかってしまうと治すのは非常に困難で、
長期的な闘病生活になるケースも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

溶連菌感染症にかかり、今回の記事内容に当てはまる部分があれば、
化膿性関節炎を疑って診察してもらいましょう。

 

 

 

化膿性関節炎の原因について

 

 

 

化膿性関節炎の原因としては、
以下のようなものが挙げられます。

 

 

 

  • 溶連菌
  • ブドウ球菌
  • 肺炎球菌

 

 

 

中でもブドウ球菌は非常に多く、
感染が増加しやすく治療が困難を極めます。

 

 

 

化膿性関節炎にかかるシチュエーション

 

 

 

また、化膿性関節炎になるシチュエーションについてもまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

  • 飛まつ感染で溶連菌にかかる。
  • 関節の傷口に細菌が入り込む。
  • 他の患部に存在する菌が血液で関節に運ばれる。
  • 細菌が付着した注射器を使った。

 

 

 

このようなシチュエーションに当てはまっている方は、要注意です。

 

 

 

溶連菌感染症は飛まつ感染でかかってしまうため、
この中でも特に感染リスクが高いケースといえます。

 

 

 

常に溶連菌に感染しないように、
リスク対策はしておかなくてはいけません。

 

 

 

溶連菌感染症の予防方法については
以下の記事で詳しく解説していますので、参考までに。

 

 

 

 

 

 

化膿性関節炎の症状とは?

 

 

 

乳幼児は特に血行性の化膿性関節炎にかかりやすく、
大人でもステロイド関節注射や手術後の感染でかかってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

よく症状が出やすいのは、ひざ関節や肩関節ですね。
そういった関節部分には、以下のような症状がもたらされます。」

 

 

 

  • 疼痛
  • 熱感
  • 腫脹
  • 関節の可動域制限
  • 発熱
  • 悪寒

 

 

 

ただ、溶連菌感染症にかかっている場合は、発熱や悪寒だけでは区別できないため、
腫脹や関節が痛がって可動域に制限を無意識にかけてしまっている感がないかなどが、
見極めのポイントになりそうです。

 

 

 

化膿性関節炎の治療はどのように行われるの?

 

 

 

化膿性関節炎の治療の際に、ポイントとなるのがどのタイミングで
手術に移行するかどうかを決断するかです。

 

 

 

手術前の段階では、太い注射針で腫れあがった部分を挿し、
関節液の排出を行い、そこに食塩水を流し込む作業が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

抗生物質は点滴で行われ、検査が終わったらその検査結果によって最も有効な薬を選び、
その薬に移行します。

 

 

 

そして、疼痛や腫脹が見られなくなったら、
筋力低下のリスクを避けるために早めのギプス解除を行い、
患部の関節部分を動かすトレーニングを行います。

 

 

 

薬を投与して日が経っても改善しない場合は、
その段階で手術に移行するほうが、早期改善につながります。

 

 

 

手術においては難治性の場合は数回にわたることもありますが、
効果は保証できます。

 

 

 

この手術で患部を切除して、
食塩水で洗浄しながらそこの膿を摘出していくのです。

 

 

 

化膿性関節炎を予防するには?

 

 

 

化膿性関節炎を予防する方法としては、完全に防ぐのは難しいですが、
感染原因となる病原菌に対する耐性をつけることが一番です。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、免疫力をつけることが重要なのです。

 

 

 

普段から運動や食生活、その他生活習慣を意識して、
体のペースを乱さない生活を心がければ、関節に傷が入って、
細菌が侵入したとしても、免疫力で退治することができます。

 

 

 

合併症として関節炎が起こる原因となる溶連菌感染症に
おいても同じことが言えます。

 

 

 

基本的に溶連菌感染症を予防するための免疫力向上方法を実践していれば、
同じく関節炎の予防にもつながりますので、気になる方は以下の記事をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

以上です!ありがとうございました!

関連ページ

関節の腫れや痛みは溶連菌が原因かも?
溶連菌感染症の合併症の一つに関節炎があります。合併症の中でもかなり発生頻度の高い部類ですが、どういったものなのか?
化膿性関節炎を治す「オゾンナノバブル治療」とは?
溶連菌感染症の合併症の一つに関節炎があります。合併症の中でもかなり発生頻度の高い部類ですが、どういったものなのか?
股関節のその痛み!溶連菌が原因かも?!
溶連菌感染症の合併症の一つに関節炎があります。合併症の中でもかなり発生頻度の高い部類ですが、どういったものなのか?
化膿性関節炎に間違えやすい3つの関節炎とは?
溶連菌感染症の合併症の一つに関節炎があります。合併症の中でもかなり発生頻度の高い部類ですが、どういったものなのか?