溶連菌と菌血症

スポンサードリンク

溶連菌と菌血症記事一覧

溶連菌による菌血症とはどんな病気?

溶連菌感染症にかかると併発することがある病気の中に、菌血症というものがあります。簡単に言うと、溶連菌などの細菌が血液中に入り込み、ばい菌として作用してしまっている状態の病気を指します。この菌血症によって、化膿性関節炎や化膿性骨髄炎にかかる危険をはらんでいます。化膿性関節炎と化膿性骨髄炎はどちらも溶連...

≫続きを読む

 

菌血症は歯病治療でも発症する?!

溶連菌のような細菌が血液に紛れ込んでしまうことで起こる菌血症ですが、実は歯の病気を治療する際にも感染することがあります。菌血症について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。溶連菌による菌血症とはどんな病気?歯病やその治療によって、空気中に漂う溶連菌が元で起こる病気としては、他に口の中で炎症を起こして下手...

≫続きを読む

 

菌血症によく似ている敗血症ってどんな病気?

溶連菌感染症とともに併発して様々な合併症を起こす菌血症ですが、似たような病気に敗血症というものがあります。しばしば菌血症とごちゃごちゃになって、どう違うのかわからない方も多いと思いますので、ここで少し解説しておきましょう。敗血症とは、体内の血液全体に細菌が繁殖し、全身性の炎症が起こってショック死など...

≫続きを読む