溶連菌感染による小児急性中耳炎の特徴と治療について

スポンサードリンク

溶連菌感染による小児急性中耳炎の特徴と治療について

溶連菌感染によってもたらされる合併症の中に中耳炎がありますが、
特に免疫力が低い小さい子供に対してよく発症し、
それを小児急性中耳炎と呼んだりします。

 

 

 

現に、急性中耳炎は乳児期から幼児期にかけて最も頻繁に発症する感染症の一つで、
生後3歳までに約70%の小児が1度は発症経験があるといわれています。

 

 

 

実際に僕も幼稚園時代にかかったことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

耳の中を打つようなあの痛みは、地味に辛いんですよね・・・。

 

 

 

この急性中耳炎が溶連菌による可能性があることから、
飛まつ感染などの空気感染によりこれからの時代は、
敏感になっていかないといけないんだなと感じている今日この頃です。

 

 

 

溶連菌による中耳炎の概要について知りたい方は、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌が原因で中耳炎が起こる?!

 

 

 

小児急性中耳炎の特徴とは?

 

 

 

さて、小児急性中耳炎の特徴についてですが、
まず症状には以下のようなものが表れてきます。

 

 

 

 

 

 

 

■症状

  • 耳痛
  • 耳閉塞感
  • 耳圧迫感
  • 耳漏(耳から液体が流れること)
  • 耳鳴り
  • 難聴

 

 

 

以上のような症状がメインで起こり、副症状としては発熱や不機嫌、
感冒様症状などのものが起こることがあります。

 

 

 

特に乳児においては、発熱時に高確率で急性中耳炎を患うにもかかわらず、
乳児の場合は耳痛を訴えるジェスチャーも難しいため、
中々気づかれにくいのが現状です。

 

 

 

そして、耳漏などの症状を見せて初めて、
急性中耳炎だということに気づかされるのです。

 

 

 

小児急性中耳炎の特徴について

 

 

 

小児急性中耳炎の特徴については、
鼓膜の所見についてみていけばおのずとその判断がつきます。

 

 

 

鼓膜が赤くなっていたり、混濁、膨隆している場合は、
急性中耳炎の可能性が高くなります。

 

 

 

しかし、耳の痛みを伴わず、外耳道の赤みだけである鼓膜炎や、
耳の痛みを訴えるものの外耳道の赤みのみで鼓膜に症状を確認できない
外耳道炎の場合は急性中耳炎とは診断されません。

 

 

 

 

 

 

 

また、乳幼児の場合は鼓膜が元から乳白色にふくらんでいることが多く、
赤みをみせないことも多いので、見逃さないように気をつけたいところです。

 

 

 

急性中耳炎は放っておくと難聴を悪化させたり、
難治化させたりする恐れがありますので、
早めに気づいてあげて、処置する必要があります。

 

 

 

小児急性中耳炎を治療するにおいて

 

 

 

小児急性中耳炎を治療するときは、抗菌薬による治療がメインとなり、
特に高用量のアモキシシリンが使用されることが多いです。

 

 

 

アモキシシリンによる溶連菌感染症の治療! 

 

 

 

ただ、安易に治療に用いると耐性菌を作り出す原因にもなるため、
まずは様子を診ながら症状の浮き沈みを見て、それでも完治しそうにないのであれば、
投与することが推奨されています。

 

 

 

関連ページ

溶連菌が原因で中耳炎が起こる?!
溶連菌感染症の合併症の一つに、中耳炎があります。中耳炎は小さい子供ほど発症しやすく、特に幼稚園児から中学生くらいの年齢の子供に発症しやすいです。どのように対策していけばいいのでしょうか?
小児急性中耳炎はなぜ治りにくいのか?
溶連菌感染症の合併症の一つに、中耳炎があります。中耳炎は小さい子供ほど発症しやすく、特に幼稚園児から中学生くらいの年齢の子供に発症しやすいです。どのように対策していけばいいのでしょうか?
溶連菌感染による急性中耳炎に効く4つの薬まとめ!
溶連菌感染症の合併症の一つに、中耳炎があります。中耳炎は小さい子供ほど発症しやすく、特に幼稚園児から中学生くらいの年齢の子供に発症しやすいです。どのように対策していけばいいのでしょうか?