歯病による溶連菌性の合併症を防ぐためにはリステリン?!

スポンサードリンク

歯病による溶連菌性の合併症を防ぐためにはリステリン?!

溶連菌による病気には、溶連菌感染症そのもの以外に、
菌血症と呼ばれる血管内に溶連菌などの細菌が入り込んで増殖してしまう病気や、
そこから拡大して起こる関節炎や骨髄炎、敗血症、リンパ節炎など様々です。

 

 

 

これらは、溶連菌感染症の合併症として知られており、
詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌による菌血症とはどんな病気?

 

 

溶連菌感染症の合併症『リンパ節炎』とは?

 

 

溶連菌感染による化膿性骨髄炎の治療について

 

 

溶連菌が原因で起こる『化膿性関節炎』とは?

 

 

菌血症によく似ている敗血症ってどんな病気?

 

 

 

そしてこの中でも、特に菌血症には気をつける必要があります。

 

 

 

溶連菌合併症『菌血症』に特に気をつけるべき理由とは?

 

 

 

前述した病気の中でも、菌血症は様々な病気の原因となり、
溶連菌が血管内に入り込んで増殖していく菌血症は、
最も合併症対策の上で恐れるべき病気だといえます。

 

 

 

菌血症は、些細な皮膚の傷口からも起こりうる感染症ですが、
虫歯や歯周病などの歯病による炎症によっても引き起こされます。

 

 

 

 

 

 

免疫力が弱っているときに、歯病によって歯茎などが痛んで、
口の中で出血などを起こすと、そこから溶連菌が入り込んで、
炎症が起こりやすい関節や骨髄に達して、合併症を引き起こすこととなります。

 

 

 

そのため、免疫力が低くて溶連菌感染症にかかりやすい大人や、子供に対しては、
特に口の中を清潔にして、虫歯や歯周病、歯茎の出血を招くことの多い
歯槽膿漏(しそうのうろう)には気をつけなくてはいけません。

 

 

 

歯病を予防して溶連菌を防ぐにはリステリンが一番!

 

 

 

 

 

 

虫歯や歯周病などの歯病を予防するアイテムは、市販でもよく売られているのですが、
特におススメしたいのは、薬用マウスウォッシュであるリステリンです。

 

 

 

中でも、特に強力なのは紫色のリステリンで、これで一度口をゆすぐだけで、
一気に口の中を清潔にし、口臭を予防するだけでなく、
害となる細菌を一気に殺菌することができます。

 

 

 

しかも、これを使用することで、見落としがちな舌の汚れもきれいにし、
さらなる歯病対策になります。

 

 

 

リステリンの効果を十分に発揮するためには?

 

 

 

リステリンを使ってあらゆる歯病を予防し、溶連菌による感染症を防ぐためには、
リステリンを使ってむやみやたらとうがいするだけではなく、
しっかりと効果を発揮するための方法を正しく実践する必要があります。

 

 

 

その手順がこちら!

 

 

 

 

 

 

  • 歯磨きやタンスクレーパーで舌と歯の汚れをある程度落とす。
  • 20mlほどのリステリンを口に含んで30秒ほど口の中をゆすぎます。
  • 朝と夜の2回行う。

 

 

 

この3つを守って実践できれば、リステリンによる効果を十分に発揮して、
歯病による菌血症や溶連菌による関節炎・骨髄炎などを予防することができます。

 

 

 

リステリンには7つの種類がある!

 

 

 

リステリンには、刺激が強いものと刺激が弱めのものの2種類に大別でき、
さらにそこからそれぞれの用途に分けて、全部で7つの種類に分けることができます。

 

 

 

オリジナル

 

 

 

 

 

 

 

一番強力な刺激で、他のリステリンでは物足りない人向けのリステリンです。

 

 

 

初心者がいきなりこれを使用すると、刺激がきつすぎて、
辛くて止めてしまうかもしれません。

 

 

 

フレッシュミント

 

 

 

 

 

 

 

クールミントよりも一層ミントの刺激が強いです。

 

 

 

ミントの甘さも感じます。

 

 

 

クールミント

 

 

 

 

 

 

 

フレッシュミントよりも一段刺激を弱めたタイプで、
ミントの心地よさを程よく感じる商品です。

 

 

 

少し刺激がほしいという方は、
このクールミントあたりから始められるといいかもしれません。

 

 

 

ナチュラルケア

 

 

 

 

 

 

 

ノンアルコールで低刺激タイプです。

 

 

 

マウスウォッシュに慣れていない人におススメで、
癖もそこまで強くありません。

 

 

 

ターターコントロール

 

 

 

 

 

 

 

リステリンの基本成分を全てバランスよく備え、
歯石がこびりつくのを予防してくれるものです。

 

 

 

虫歯や歯槽膿漏の予防におススメですね。

 

 

 

トータルケア

 

 

 

 

 

 

 

プラークや歯石が蓄積するのを防いで歯肉炎や口臭を予防するだけでなく、
白い歯を手に入れたいなどトータル的に口のケアをしたい人におすすめです。

 

 

 

トータルケアゼロ

 

 

 

 

 

 

 

トータルケアゼロは、トータルケアタイプのノンアルコールで低刺激のタイプです。

 

 

 

普通のトータルケアタイプでは刺激が強すぎるという方は、こちらをおススメします。

 

 

 

溶連菌に感染しやすい免疫力の低い子供は特に、
お菓子を好んで食べますので、虫歯や歯周病など歯病にかかりやすい傾向にあります。
そして、そこから溶連菌感染症などの病気にかかる危険が潜んでいるのです。

 

 

 

今のうちにリステリンであらゆる歯病をトータル予防し、
溶連菌感染症を予防する準備を進めていきましょう。

 

 

 

以上を参考に、リステリンを一度試してみてください。