溶連菌感染症治療での抗生剤ジスロマックの効果は?

スポンサードリンク

溶連菌感染症治療での抗生剤ジスロマックの効果は?

溶連菌感感染症の治療においては、抗生剤の服用が必要不可欠で、
溶連菌にかかった場合のほとんどは抗生剤を使った治療となります。

 

 

 

その中でも、ペニシリン系やアモキシシリンなどの薬は高い頻度で使われますが、
他にも使われる薬はあります。ペニシリンやアモキシシリンについてはこちら。

 

 

 

アモキシシリンによる溶連菌感染症の治療!

 

 

良薬!溶連菌によく効く薬「ペニシリン」とは?

 

 

 

ペニシリンやアモキシシリン以外の抗生剤の一種として今回は、
ジスロマックを紹介したいと思います。

 

 

 

抗生剤ジスロマックとはどんな薬?

 

 

 

 

 

 

 

このジスロマックと呼ばれる抗生剤は、溶連菌感染症も含めて、
マイコプラズマやクラミジア、真菌など多くの細菌による感染症に使われるもので、
抗炎症作用や解熱作用があります。

 

 

 

アジスロマイシン系に属し、胃酸による影響を受けにくく、
アレルギー症状を引き起こすなどの問題もほとんどないので、

 

 

 

ペニシリンやセフェム系薬剤にアレルギーのある方でも、
使用すれば殺菌効果を十分に発揮しやすいのが特徴です。

 

 

 

本来はインフルエンザなどのウイルス関連の病気には無効なのですが、
しばしば細菌による二次感染を防ぐための予防薬として使用されることも多くあります。

 

 

 

この薬で溶連菌感染症による咽頭炎や、扁桃炎による喉の痛みや、
高熱を治療していくことが可能です。

 

 

 

ジスロマックのデメリットについて

 

 

 

抗生剤であるジスロマックは、胃酸による影響を受けづらいことから、
高い殺菌力を期待することができますが、近年この薬に対する耐性菌が増えており、
効果を発揮しないパターンも増えてきている傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

また、心臓に病気があったり、
肝臓の調子が悪い人の使用に気をつける必要があります。

 

 

 

ジスロマックの副作用は?

 

 

 

ジスロマックには以下の副作用がありますので、
発生した場合は使用を中止して医師に相談してください。

 

 

 

  • 吐き気
  • 腹痛
  • かゆみ
  • 発疹
  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 手足のしびれ
  • 頭痛
  • けいれん
  • 口内炎
  • 筋肉痛
  • 下痢
  • めまい

 

 

 

以上が、ジスロマックで万が一起こったときの副作用の中でも特に多いパターンです。

 

 

 

いくつか当てはまる方は使用を控えましょう。
副作用が起こることはほとんどありませんが、万が一のためです。

 

 

 

また、ジスロマックと同様、
抗生剤として処方される薬にクラリスという種類のものがあります。

 

 

 

こちらについても当サイトでは詳しく解説していますので、
よかったら参考にしてください。

 

 

 

溶連菌感染症治療に使われる抗生剤クラリスとはどんな薬?