溶連菌感染症治療に使われる抗生剤クラリス

スポンサードリンク

溶連菌感染症治療に使われる抗生剤クラリスとはどんな薬?

抗生剤クラリスも溶連菌感染症治療でしばしば用いられる薬の一つで、
マクロライド系抗生物質に属するタイプの薬になります。

 

 

 

 

 

 

小さい子供にも用いられることが多く、
錠剤タイプとドライシロップタイプの主に2種類が存在します。

 

 

 

一般的には静菌的に作用しますが、
高濃度では殺菌的作用を示します。

 

 

 

溶連菌を含めて、クラミジアやレジオネラなどの多くの細菌をカバーし、
幅広く殺菌効果を発揮する汎用性の高い抗生剤の一つです。

 

 

 

溶連菌感染症によって引き起こされる
リンパ節炎や猩紅熱(しょうこうねつ)、中耳炎や副鼻腔炎などにも効果を発揮し、

 

 

 

ジスロマックと同様、アレルギーによるリスクが少ないので、
ペニシリンやセフェム系薬剤が無理な方でも使用しやすいのがすばらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

ジスロマックと同じく、喉の痛みやその他の腫れなどを治療する抗炎症作用や、
溶連菌特有のイチゴ舌などの症状を見せる、猩紅熱と呼ばれる溶連菌感染症特有の
高熱を改善する解熱効果も期待できます。

 

 

 

そんなクラリスと比較対象となる、
抗生剤ジスロマックについてはこちらの記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌感染症治療での抗生剤ジスロマックの効果は?

 

 

 

また、溶連菌による中耳炎に関しては以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌が原因で中耳炎が起こる?!

 

 

 

溶連菌感染症によるリンパ節炎や猩紅熱について
知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

このように、抗生剤クラリスは溶連菌感染症による
様々な合併症の治療にも役立てることができます。

 

 

 

溶連菌感染症の合併症『リンパ節炎』とは?

 

 

溶連菌感染症特有の症状「猩紅熱(しょうこうねつ)」とは?

 

 

 

抗生剤クラリスのデメリットとは?

 

 

 

この抗生剤クラリスのデメリットとしては、
まずはジスロマックと同様、耐性菌が年々増えてきている傾向にあることです。

 

 

 

 

 

 

 

いまのところ、耐性菌が見つかっているのは
インフルエンザなどのウイルスに限られていますが、
もしかしたら今後は溶連菌に対しても耐性菌が出てくるかもしれません。

 

 

 

現状では、まだ溶連菌における耐性菌はほとんど見つかっていませんので、
使用する分には問題ないでしょう。

 

 

 

使用対象に関しては、心臓病や低カリウム血症のある人は、
不整脈のリスクがありますので使用は避けたほうがいいといわれています。

 

 

 

また、飲み合わせにおいて、ジスロマックと比べると寛容とはいえず、
色々と制限があったり、飲み合わせによって副作用が出やすいなどの特徴がありますので、
他の薬を使用している場合は、飲み合わせても大丈夫か確認する必要があります。

 

 

 

これは、クラリスによって薬の分解を遅らせてしまうからです。

 

 

 

それによって副作用が起きる隙が生じてしまうのです。

 

 

 

クラリスの副作用は?

 

 

 

クラリスの副作用は以下の通りです。

 

 

 

見受けられた場合は使用を直ちに止めて、
医師と相談するようにしましょう。

 

 

 

  • 下痢
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 発疹
  • 手足のしびれ
  • 血圧低下
  • 目の充血
  • 腰痛
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 食欲不振

 

 

 

以上が、溶連菌感染症の治療に使用される抗生剤クラリスの副作用と効果についてでした。
ありがとうございました!