溶連菌と咽頭炎

スポンサードリンク

溶連菌感染症の合併症『咽頭炎』とは?

咽頭炎とは、簡単に言えばのどの痛みを伴う病気のことです。
一般的な風邪の症状としても良く起こります。

 

 

 

とりわけ、溶連菌感染症による咽頭炎の喉の痛みは強烈で、
しゃべったり呼吸したり、唾を飲み込むのすら辛いくらいの痛みを伴います。

 

 

 

そんな咽頭炎を治すだけでもかなり症状的にはマシになりますので、
どうやって治療し、今後どう未然に防いでいけばいいのかを
各記事で解説していきたいと思います。

 

 

溶連菌と咽頭炎記事一覧

溶連菌による咽頭炎の治療について

溶連菌感染症にかかると必ずといっていいほど起こるのが、つばを飲み込むのも死ぬほど辛い激しい喉の痛みです。これを別名『咽頭炎(いんとうえん)』ともいいますが、この咽頭炎による喉の痛みを改善するだけでも、体の状況は一気に楽になります。溶連菌による咽頭炎の治療についてですが、やはり抗菌薬による溶連菌退治と...

≫続きを読む