溶連菌と咽頭炎

スポンサードリンク

溶連菌感染症の合併症『咽頭炎』とは?

咽頭炎とは、簡単に言えばのどの痛みを伴う病気のことです。
一般的な風邪の症状としても良く起こります。

 

 

 

とりわけ、溶連菌感染症による咽頭炎の喉の痛みは強烈で、
しゃべったり呼吸したり、唾を飲み込むのすら辛いくらいの痛みを伴います。

 

 

 

そんな咽頭炎を治すだけでもかなり症状的にはマシになりますので、
どうやって治療し、今後どう未然に防いでいけばいいのかを
各記事で解説していきたいと思います。

 

 

溶連菌と咽頭炎記事一覧

咽頭炎ってどんな病気?

咽頭炎とは、風邪や感染症にかかったときに起こる喉の痛みを伴う病気の一つで、溶連菌感染症の合併症としても有名です。特にA群溶連菌感染症による急性咽頭炎が非常に多いそうです。A群溶連菌感染症による咽頭炎についてはこちらの記事をどうぞ。A群溶連菌感染症による咽頭炎についてまず溶連菌感染症による咽頭炎になる...

≫続きを読む

 

溶連菌による咽頭炎の治療について

溶連菌感染症にかかると必ずといっていいほど起こるのが、つばを飲み込むのも死ぬほど辛い激しい喉の痛みです。これを別名『咽頭炎(いんとうえん)』ともいいますが、この咽頭炎による喉の痛みを改善するだけでも、体の状況は一気に楽になります。溶連菌による咽頭炎の治療についてですが、やはり抗菌薬による溶連菌退治と...

≫続きを読む

 

A群溶連菌感染症による咽頭炎について

A群溶連菌感染症は、別名『人食いバクテリア』と呼ばれることもある病気で、悪化すると菌が皮膚の組織を壊死させていってしまうという恐ろしい病気です。人喰いバクテリア!A群溶連菌感染症の治療法!乳幼児では咽頭炎、年長児や成人では扁桃炎を発症し、発疹や喉の痛みを伴うこともあります。この喉の痛みがまた強烈で、...

≫続きを読む

 

溶連菌感染症の合併症『咽頭炎』の治療薬の使い方

咽頭炎は小児科領域では日常的に見る病気で、喉の痛みを伴い、咽頭部分が腫れ上がっている状態が特徴です。しかし、溶連菌感染症による咽頭炎は激烈で、つばを飲み込むのも辛いくらいの激痛が襲います。そんな咽頭炎は、実はある意味総称的な呼び方で、とにかく喉の辺りが腫れあがって痛んでいるときは、咽頭炎と呼ぶことに...

≫続きを読む

 

A群溶連菌性咽頭炎にペニシリン抗菌薬を使う4つの理由

A群溶連菌感染症による合併症の一つに喉の痛みが伴う咽頭炎がありますが、この咽頭炎の治療薬として第一選択肢として上がってくるのが、ペニシリン抗菌薬です。ペニシリン抗菌薬は溶連菌感染症の治療にも使われる薬として知られていますが、なぜ溶連菌感染症にペニシリン抗菌薬を用いるかは知りたいでしょう。溶連菌感染症...

≫続きを読む

 

A群溶連菌と咽頭炎と法律

A群溶連菌性咽頭炎は、1999年4月に施行された感染症法に基づく調査において、全国約3000箇所の小児科定点医療機関が週単位で届出を行う5類定点疾患の一つです。この病気が発祥していると判断して届出を行う基準としては、症状や所見からA群溶連菌性咽頭炎を疑います。A群溶連菌性咽頭炎についてはこちらの記事...

≫続きを読む