溶連菌と丹毒

スポンサードリンク

溶連菌と丹毒について

溶連菌感染症の合併症の中でも、極めて稀な合併症が、
この『丹毒』という病気です。

 

 

 

聞いたことがある人もいるかも知れませんが、
一般的にはまだまだ知られていない病気で、
主に皮膚の病気になります。

 

 

 

いったいどんな病気で、どういった治療が有効なのかを
解説して生きたいと思います。

 

 

溶連菌と丹毒記事一覧

溶連菌感染症の合併症「丹毒」とは?

溶連菌感染症の合併症の一つに「丹毒」というものがあります。溶連菌の感染で起こることは割と珍しいのですが、稀に丹毒にかかる人もいるようです。起因菌となる種類はA群溶連菌です。では、どういう病気なのかというと、簡単に言ってしまえば皮膚の深い層に炎症が起こって、腫脹や壊死、水疱などをみせる症状を持つ病気で...

≫続きを読む