溶連菌感染症と腸内環境の関係性について

スポンサードリンク

溶連菌感染症と腸内環境の関係性について

溶連菌感染症は免疫力の低下と飛まつ感染や接触感染が重なることで起こりますが、
原因の一つである免疫力の低下は腸内環境と密接に関わっています。

 

 

 

つまり!腸内環境を整えることは、
間接的に溶連菌感染症予防につながるということです!

 

 

 

各記事にて、腸内環境を整える方法や、
腸内環境が、溶連菌感染症予防とどうかかわってくるのかを解説します。

 

 

溶連菌感染症と腸内環境の関係性について記事一覧

溶連菌感染症になりやすい人は腸が弱い?!

溶連菌感染症は大人も子供も感染する可能性があり、劇症型に発展すると死に至る危険もある恐ろしい病気です。喉の痛みや高熱、発疹、イチゴ舌などの症状が特徴的で、稀に壊死性筋膜炎や敗血症を患った劇症型に変貌する病気ですが、この溶連菌感染症にかかってしまう原因の一つに、免疫力の低下が挙げられます。そもそも溶連...

≫続きを読む

 

免疫力の秘密兵器!乳酸菌『エンテロコッカスフェリカス菌』とは?

腸内環境を整えるという事は、つまり免疫力を向上させ、溶連菌感染症の予防にもつながるということを以下の記事でお伝えしましたが、そのためには腸内細菌の一種である乳酸菌が必要不可欠です。溶連菌感染症になりやすい人は腸が弱い?!胃腸は体全体の免疫力をコントロールする司令塔みたいなもので、特に小腸や大腸などは...

≫続きを読む