免疫力の秘密兵器!乳酸菌『エンテロコッカスフェリカス菌』とは?

スポンサードリンク

免疫力の秘密兵器!乳酸菌『エンテロコッカスフェリカス菌』とは?

腸内環境を整えるという事は、つまり免疫力を向上させ、
溶連菌感染症の予防にもつながるということを以下の記事でお伝えしましたが、
そのためには腸内細菌の一種である乳酸菌が必要不可欠です。

 

 

 

溶連菌感染症になりやすい人は腸が弱い?!

 

 

 

胃腸は体全体の免疫力をコントロールする司令塔みたいなもので、
特に小腸や大腸などは、腸内細菌によって構成されている腸内フローラと呼ばれる、
病原菌から守る防衛線が免疫力維持のために重要になってきます。

 

 

 

そこで、近年注目されているのが、『エンテロコッカスフェリカス菌』という乳酸菌です。

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌の8つの効果

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌には、以下の8つの効果があります。

 

 

 

  • 腸管中のIgA分泌量増加作用
  • 抗腫瘍作用
  • 感染症抑制効果
  • 整腸作用
  • 血圧下降作用
  • 抗アレルギー作用
  • 皮膚疾患改善効果
  • 血小板凝集抑制効果

 

 

 

以上の8つとなります。それでは順番ずつ解説しましょう。

 

 

 

腸管中のIgA分泌量増加作用

 

 

 

IgAとは、腸管内で分泌される免疫タンパク質の一種で、
これが食べ物と一緒に侵入してくる病原菌を退治し、
体内の健康維持に役立っています。

 

 

 

このIgAの分泌量が増えれば、それだけ病原菌に強くなりますから、
腸内環境が強くなります。

 

 

 

 

 

 

結果として、免疫力が低下しにくくなり、
溶連菌感染症に強い体になるというわけです。

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌は、
そんな腸内の免疫力を担うIgA免疫タンパク質の分泌量を上げる効果があるのです。

 

 

 

抗腫瘍作用

 

 

 

溶連菌感染症とは少し外れた内容じゃないかと思われるかもしれませんが、
溶連菌感染症の合併症であるリンパ節炎蜂窩織炎などによる腫れ物(腫瘍など)に対して、
それらを消失させる効果があります。

 

 

 

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌はガン治療にも役立つとされ、近年注目されています。

 

 

 

もしかしたら近い将来、手術の変わりにエンテロコッカスフェリカス菌が、
がん治療に使用される日も近いかもしれません。

 

 

 

感染症抑制効果

 

 

 

加齢や抗生物質などを使った治療によって起こる免疫力低下で、
溶連菌感染症などの病気にかかりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

これは大人が溶連菌感染症にかかってしまう一つの大きな問題ですが、
エンテロコッカスフェリカス菌を摂取することで、
免疫力を向上させ、感染症になりにくくするだけでなく、症状を緩和する効果もあります。

 

 

 

整腸作用

 

 

 

整腸作用といえば、ヨーグルトなどの発酵乳製品や乳酸菌のサプリメントが思いつきますが、
エンテロコッカスフェリカス菌においても、整腸効果が期待できます。

 

 

 

実際の人体実験で、とある大学の便秘で悩んでいる女子大生を37名を集めて、
1日1回、死んだ状態のエンテロコッカスフェリカス菌をジュースに混ぜて飲んでもらい、
排便がどれだけ良くなったかを調べる調査を行いました。

 

 

 

すると、便秘症状が大幅に改善された結果が出ました。

 

 

 

 

 

 

実験での、死んだエンテロコッカスフェリカス菌によって便秘が改善した結果は、
整腸作用を得るには生きた菌でないとダメという考えを、
大きく覆すこととなりました。

 

 

 

便秘がひどくなると、皮膚の状態が悪くなるだけでなく、
体内で菌が増殖して免疫力が低下し、溶連菌感染症などの感染症にかかりやすくなるので、
これは溶連菌予防のネタとして、非常に有用なものです。

 

 

 

血圧下降作用

 

 

 

高血圧は、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因となります。

 

 

 

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌は、血圧下降作用があることも証明されており、
降圧薬と一緒に飲めば、その効果をより高めることができることがわかっています。

 

 

 

抗アレルギー作用

 

 

 

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌は、花粉症やアレルギー性鼻炎、食物アレルギーなど、
即時型アレルギーの抑制効果があります。

 

 

 

皮膚疾患改善効果

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌により、
ニキビや酒さが改善したという報告がいくつもあります。

 

 

 

 

 

 

どれも特別有効な治療法は見つかっていませんが、
エンテロコッカスフェリカス菌が将来的に有効な治療薬として使用されるかもしれません。

 

 

 

血小板凝集抑制効果

 

 

 

血小板には、出血の際に固まって、かさぶたとなって傷口をふさぐ重要な役割を持ちますが、
生活習慣病や他の病気が原因で過剰に固まりやすくなることがあります。

 

 

 

 

 

 

原因となる病気とは主に、脳卒中や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞となります。

 

 

 

傷口をふさぐために重要な血小板がしっかり働かない場合は、
その傷口から溶連菌などが入り込むことを許してしまうことになります。

 

 

 

もし、溶連菌が血管内に侵入してしまうと、
菌血症や敗血症、血管に侵入して関節や骨髄に貯留し、
悪化する化膿性関節炎や化膿性骨髄炎につながる恐れがあります。

 

 

 

溶連菌感染症の合併症『骨髄炎』とは?

 

 

 

溶連菌が原因で起こる『化膿性関節炎』とは?

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌は加熱すると効果が倍増?

 

 

 

一般的に乳酸菌は、加熱処理などで死んだ状態になると、
効果がなくなるとされています。

 

 

 

しかし、一方で、エンテロコッカスフェリカス菌は、加熱処理して死滅させると、
なんとその効果は生菌状態の約3倍の向上が見込まれます。

 

 

 

 

 

 

一般的に腸内環境を整える乳酸菌を増やすためには、
生きた状態の菌をそのまま届けないと効果がないとされていました。

 

 

 

生きている場合よりも死んでいる方が効果が高くなるエンテロコッカスフェリカス菌の発見は、
『乳酸菌は生きた状態でないと効果はない』という医学の常識をバッサリと一掃したのです。

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌は溶連菌予防に使える!

 

 

 

以上のように、エンテロコッカスフェリカス菌は感染症に対する抵抗力を持ち、
腸内環境を改善して免疫力を向上させてくれる効果があることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

これで、普段仕事で疲れて、ストレスで免疫力が低下しがちな大人の人でも、
溶連菌感染症に恐れることなく生活できる環境が実現できます。

 

 

 

しかも、エンテロコッカス菌は、死んでいる状態でも効果が得られますので、
生きた状態でないと効果を得られないと意識する必要もなく、
安心して摂取することができます。

 

 

 

とにかく一般的な乳酸菌に比べて効果を得やすいのが一番のメリットですね。

 

 

 

死んでいる状態のほうが効果が高まるとか、もう無敵でしょう。(笑)

 

 

 

そんなエンテロコッカスフェリカス菌を簡単に得るおススメの方法がサプリメントです。

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌を効率よく摂取するには?

 

 

 

エンテロコッカスフェリカス菌を効率よく摂取するためにおススメなのが、
65種類の厳選された国産素材を使用し、エンテロコッカスフェリカス菌で発酵させたエキスが、
ギッシリ凝縮されたサプリメントである『OM-X』です。

 

 

 

 

 

 

何よりも何日か飲んでいましたが、階段のぼりがきつくなくなったり、
少し歩いてもしんどかったのが全然平気になったりと、
とにかく体が軽くなり、スッキリしました!

 

 

 

なんとなくしんどいとか、なんかだるくて気持ちが沈むなど、
免疫力低下による『なんとなく』な掴みどころのない体の問題を解決してくれるのが、
この『OM-X』だと実感できました!

 

 

 

普段会社で疲れきって、会社は休めないけど体の節々が疲れきって、
いつ病気にかかって休むことになるかわからない不安から解放されましょう!

 

 

 

関連ページ

溶連菌感染症になりやすい人は腸が弱い?!
溶連菌感染症にかかる人の多くは、ただの免疫力低下によるものであると考えられがちですが、実は腸内環境の悪化などが大きく関わっている可能性があるのをご存知でしたか?