溶連菌と伝染性膿痂疹

スポンサードリンク

溶連菌と伝染性膿痂疹

溶連菌による合併症の一つに伝染性膿痂疹があります。

 

 

 

膿痂疹とは別名「とびひ」とも呼ばれ、
とびひするように他者に感染し、皮膚の炎症を起こすことから、
このように名づけられました。

 

 

 

当ページでは溶連菌による膿痂疹の記事を掲載しています。
治療法や対策、薬について参考にされたい方はぜひ。

 

 

溶連菌と伝染性膿痂疹記事一覧

溶連菌が原因で起こる膿痂疹ってどんな病気?

溶連菌感染症にかかると、アトピーが悪化したり、発疹が出たり、ひどいパターンだと皮膚が壊死していくといった症状を見ることがあります。大人でも溶連菌が原因でアトピーが悪化する?!溶連菌で悪化するアトピー性皮膚炎とは?そして、溶連菌が原因で起こる皮膚疾患の一つに、膿痂疹(のうかしん)と呼ばれる皮膚炎にかか...

≫続きを読む

 

溶連菌による膿痂疹(とびひ)の治し方について

溶連菌が原因で起こる膿痂疹(とびひ)は、人の皮膚に触れることで容易に感染し、他人にも膿痂疹を引き起こしてしまうことがあります。非常に感染力が強く、しっかり対策しておかないと、学校内や家族内で集団感染が起こり、学級閉鎖などの最悪の事態も考えられます。溶連菌が原因で起こる膿痂疹についての概要は以下の記事...

≫続きを読む

 

溶連菌による膿痂疹の誰でもできる予防と感染対策のコツ!

溶連菌が原因で発症する(とびひ)に対しては、治療はもちろんのことですが、周囲に移さないようにするための心遣いと、今後再発しないための予防策も考えておくこともとても大事です。特に学校に通っている子供がいて、その子が膿痂疹に万が一かかってしまった場合、無理して学校にでも行かせようものなら、学内で集団感染...

≫続きを読む