大人にも効く!溶連菌感染症を治療する薬まとめ

スポンサードリンク

大人にも効く!溶連菌感染症を治療する薬まとめ

溶連菌感染症を治療する薬は、
主に抗生物質や抗菌薬がメインになってきます。

 

 

 

特にペニシリン系やセフェム系薬剤は、
溶連菌感染症に対して大人にとっても高い効果を発揮しますので、
是非ここで知っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

  • ペニシリン系薬剤
  • セフェム系薬剤

 

 

 

ペニシリン系だと以下のようなものが有効です。

 

 

 

大人の溶連菌感染症にも効くペニシリン系薬剤

 

 

 

  • ペニシリンG
  • ピクシリン
  • サワシリン
  • アンピシリン

 

 

ペニシリンG

 

 

 

 

 

溶連菌感染症や子供の敗血症、髄膜炎、蜂窩織炎(ほうかしきえん)に効果があります。
これらのほとんどは、溶連菌感染と合併して発症しやすい病気なので、
並行して治療にあたることができます。

 

 

 

副作用としては、当然ながらペニシリン系特有のショック症状です。
他にも溶血性貧血、急性腎不全、痙攣、大腸炎、発熱、発疹、蕁麻疹などがあります。
溶血性貧血、急性腎不全、痙攣、大腸炎に関しては極めて低確率な副作用です。

 

 

ピクシリン

 

 

 

 

 

 

 

主に扁桃炎や咽頭炎、喉頭炎、猩紅熱、
重症化した溶連菌感染症にてよく起こる敗血症に効果があります。

 

 

 

副作用は、発熱や発疹、低確率で吐き気、下痢、食欲不振、腹痛、
ひどい場合はまれに腎機能障害、血液障害が起こることもあります。

 

 

サワシリン

 

 

 

 

 

 

 

ピクシリンと同じく、扁桃炎や喉頭炎、咽頭炎、猩紅熱など
溶連菌感染症に関わるあらゆる病気に効果があります。

 

 

 

副作用としては、発疹、発熱、かゆみ、下痢、吐き気、食欲不振、腹痛があり、
まれにショック症状や腎機能障害を引き起こすこともあります。

 

 

アンピシリン

 

 

 

 

 

 

 

アモキシシリンと作用は似ており、
溶連菌感染症に対して同様の効果をもたらします。

 

 

 

副作用としては過敏症、肝障害、消化器障害、血液障害などがあります。
アモキシシリンに関しては以下の記事をどうぞ。

 

 

 

アモキシシリンによる溶連菌感染症の治療! 

 

 

 

また、ペニシリン系薬剤について知りたい方は、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

良薬!溶連菌によく効く薬「ペニシリン」とは? 

 

 

 

大人の溶連菌感染症にも効くセフェム系薬剤

 

 

 

セフェム系薬剤は以下のとおりです。

 

 

 

  • メイアクト
  • フロモックス
  • セフゾン
  • トミロン

 

 

 

以下より順番ずつ解説していきます。

 

 

メイアクト

 

 

 

 

 

 

 

ペニシリン系薬剤と同じく、細菌を死滅させますが、
同時に人体の細胞には影響しません。

 

 

 

なので、大人の溶連菌感染症の治療としてはもってこいです。

 

 

 

効果としては、溶連菌と関連させると、
溶連菌感染症や咽頭炎、扁桃炎、敗血症の治療に役立ちます。

 

 

 

副作用としては、過敏症状、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、食欲不振があり、
まれに頭痛や倦怠感、口内炎があります。

 

 

フロモックス

 

 

 

 

 

 

 

ペニシリンのようにショック症状を起こすことも少ないため、
大人の溶連菌感染症の治療に非常によく使われます。

 

 

 

効果としては、溶連菌感染症、扁桃炎、咽頭炎、、敗血症に効果があります。

 

 

 

副作用は発疹、かゆみ、顔のむくみなどのアレルギー症状、
吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、腹痛があり、
まれに口内炎や倦怠感、頭痛が起こることもあります。

 

 

セフゾン

 

 

 

 

 

 

 

溶連菌感染症や咽頭炎、喉頭炎に効果があります。
通常は1回100mgを1日3回が基本です。

 

 

 

副作用は、ショック症状、急性腎不全などの重い疾患、
血小板減少、肝機能障害があります。

 

 

トミロン

 

 

 

 

 

 

 

効果としては、溶連菌感染症や咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱、敗血症の治療に効果があります。

 

 

 

副作用は、ショック症状や発疹などの過敏症、
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、食欲不振などがあります。
希に口内炎や倦怠感、頭痛が起こることもあります。

 

 

 

その他市販でも手に入れられる薬まとめ!

 

 

 

上記で挙げたペニシリン系やセフェム系薬剤は、
どれも市販では手に入れることができず、
病院で処方してもらうしか手に入れる方法はありません。

 

 

 

しかし、市販の薬でも溶連菌に対抗することは十分可能です。

 

 

 

病院に頼りすぎずに、
自分の力で治す努力をすることも治療の一環として重要です。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、その他、市販でも手に入れられる溶連菌感染症の症状を、
和らげる効果のある薬を紹介したいと思います。

 

 

 

  • ロキソニン
  • トランサミン
  • トローチ
  • イソジンなどのうがい薬
  • バファリン

 

 

 

溶連菌感染症にかかるとまずキツいのが、
圧倒的に高い高熱と喉の痛み、そして頭痛です。

 

 

 

特に喉の痛みと高熱は定番で、
溶連菌感染症にかかると高確率で症状として出ます。

 

 

 

この場面での高熱は、ピークで38°〜40°位をさしますが、
この溶連菌感染症特有の熱を猩紅熱(しょうこうねつ)といいます。

 

 

 

まず、大人が個人で溶連菌感染症の治療を行うなら、
喉の痛みと高熱を下げるための対策を取らなくてはいけません。

 

 

 

この2つを解消できるとかなり楽になります。

 

 

 

猩紅熱に関して知りたいという方は、
以下の記事をどうぞ。

 

 

 

溶連菌感染症特有の症状「猩紅熱(しょうこうねつ)」とは? 

 

 

 

結構馴染みのある薬も多いと思いますので、
もし家になくてきらしているというのであれば、溶連菌感染症にとどまらず、
いざという時のためにもまとめて購入しておくことをオススメします。

 

 

 

バファリンに関しては、溶連菌の頭痛は大人も子供にも襲いかかりますので、
大人用と子供用の両方を購入しておくといいでしょう。

 

 

 

以上が、大人にも効く溶連菌感染症を治療するために役立つ薬です。

 

 

 

ありがとうございました!