溶連菌とリウマチ熱

スポンサードリンク

溶連菌とリウマチ熱記事一覧

溶連菌感染症によるリウマチ熱ってどんな病気?

リウマチ熱は、A群溶連菌に感染後、およそ2週間から4週間を目途に発熱や関節炎、心炎、輪上紅斑などの症状を起こす病気です。関節炎に関しては、溶連菌が原因で直接起こるケースもありますので、詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。溶連菌と関節炎症状が改善した後も心筋障害や特に僧帽弁や大動脈弁に後遺症をきたし...

≫続きを読む