溶連菌と壊死性筋膜炎

スポンサードリンク

溶連菌感染症の合併症で最も危険な「壊死性筋膜炎」

壊死性筋膜炎は、溶連菌感染によって引き起こされる合併症の一つで、
致死率30%以上の非常に危険な病気です。

 

 

 

症状の進行が非常に早く、少しでも対応が遅れれば大人でも即死レベルです。

 

 

 

そんな恐ろしい合併症「壊死性筋膜炎」について学びましょう!

 

溶連菌と壊死性筋膜炎記事一覧

致死率30%?!恐ろしい溶連菌による病気『壊死性筋膜炎』とは?

大人もかかると大変な溶連菌感染症には、様々な合併症があり、それらにかかると、溶連菌感染症の辛さに加えて、さらなる苦痛がのしかかります。特に溶連菌感染症の合併症は、肺炎や敗血症、菌血症など致命的な問題になる可能性もあり、極めて危険です。しかし、それらの合併症をもってしても全くレベルが違うくらい、恐ろし...

≫続きを読む

 

G群溶連菌による壊死性筋膜炎について

G群溶連菌は常在菌で、害をなすことは少ないのですが、最近になってG群溶連菌による感染症のケースが増えてきています。その中で、G群溶連菌による壊死性筋膜炎のケースもあります。壊死性筋膜炎がかかる場合、基本的には『人食いバクテリア』の異名を持つA群溶連菌感染症の劇症型バージョンが原因で併発することが多い...

≫続きを読む