溶連菌と急性糸球体腎炎

スポンサードリンク

溶連菌感染症による合併症「急性糸球体腎炎」について

溶連菌感染症の合併症の一つ「急性糸球体腎炎」は、
突然の乏尿や血尿、蛋白尿、浮腫、高血圧などの症状を引き起こします。

 

 

 

さらに、この「急性糸球体腎炎」にかかっている場合、
逆に高確率で溶連菌感染症にかかっている可能性があるため、
尿をするときに痛みを感じたり、血尿が出たときはすぐに医者に診てもらってください。

 

 

 

現在は昔と違って衛生環境が整い、発症するケースも減ってきましたが、
免疫力が低い子供などは油断できません。

 

 

 

これを機会に溶連菌感染症による合併症「急性糸球体腎炎」について勉強しましょう。

 

溶連菌と急性糸球体腎炎記事一覧

溶連菌による急性糸球体腎炎ってどんな病気?

溶連菌感染症の合併症の一つに急性糸球体腎炎(急性腎炎)と呼ばれるものがあります。溶連菌に感染すると同時に発症する病気の一つで、突然の乏尿や血尿、蛋白尿、浮腫、高血圧などの症状を引き起こします。■急性糸球体腎炎(急性腎炎)の主な症状乏尿血尿蛋白尿浮腫高血圧サイト管理人である僕も、小学校のときにかかった...

≫続きを読む

 

溶連菌感染症の合併症「急性糸球体腎炎」に伴う急性腎不全とは?

溶連菌感染症の合併症の一つに急性糸球体腎炎(急性腎炎)がありますが、それに伴って急性腎不全を引き起こすことがあります。まずは簡単に溶連菌感染症による急性糸球体腎炎(急性腎炎)について解説しましょう!まず「急性糸球体腎炎」ってどんな病気?簡単に説明すると、急性糸球体腎炎は、血尿や浮腫による乏尿、蛋白尿...

≫続きを読む